LOSKAバックカメラ高画質防水IP68 170度広角レンズ CCD 車載カメラ鏡像でガイドライン無し

▶ in オプション・DIYなど posted 2017.08.20 Sunday / 18:53

リアバンパーに仕込んである、30φ位の中国製バックカメラが壊れたようで、先日突然映らなくなった。
2011年製なので6年位であろうか・・とは言え、バック時だけ通電なので、実時間は短い、経年劣化、暑さにやられたかなぁ?

後方の窓はすべて断熱材で覆っているので、リアアンダーミラーでの確認視は出来ず、リアの確認は、これまでバックカメラと、バックセンサーを併用していた。
とりあえず、バックカメラが無くとも、バックセンサーで障害物の確認(音とLEDインジケーターで距離表示)はできるのですが、やはり、目で確認できないのはかなり不安なので、交換を検討。

格安でコンパクトなバックカメラの購入を検討・・

交換の品を検討。

ポイントの手持ちがある、amazonと楽天ショップで(価格・サイズ優先で)バックカメラを探した。

結果的には、amazonで以下の製品を購入した。

LOSKAバックカメラ高画質防水IP68 170度広角レンズ CCD 車載カメラ鏡像でガイドライン無し


 amazon(今回の購入品)

 価格:¥1,089円
 送料:対象商品\ 2,000以上の注文で通常配送無料


価格が安く 千円位
中国製ですが、壊れたら変えればいい位の価格なので。
amazon内の対象商品\ 2,000以上購入で送料無料ということで、調子の悪かったPCのマウスや、カメラのレンズクリーナー用紙などを加えて購入した。

数日で到着した。

LOSKAバックカメラ 2

サイズが小さい!親指第一関節くらいの大きさ

箱を開けビックリ、いやぁー これ小さい、親指第一関節位のサイズ、これなら、ナンバープレート上のくぼみ部分などにも付けられそう。
LOSKAバックカメラ 1
※カメラ上部に、傷のようなものがありますが、取り付け時、水平位置を出す為に当方があらかじめ目印を付けたものです。

組み込む前に、事前に通電確認を

この種の品物は、組み込む前に、通電テストが絶対必要。
電源線を12Vに接続して、家庭用テレビの入力に接続、数時間連続動作確認をした。
 

通電にて感じたこと、他、気付いた事

映りは価格相応、暗いシーンでは、よく見るとノイズも乗っているが、バックアイカメラ目的なので、モノがそこそこ判別出来る位に映れば全く問題なし。

フォーカスは当然固定、10cmくらいの近さから∞まで映る

画角は十分広い、実測してみたところ水平の画角は110度位でした、製品のタイトルには170度広角とか書いてあるけど、これは間違いでは?
説明書には、視野角170度と書いてあるし・・
170度は水平位置ではなく、対角なのかも?

電流は、実測すると、明るいところを映した時90mA、暗いとろだと100mA程度に若干増える。照明のLEDが付いているわけでもないのに増えるのは、内部でアンプのゲインを上げているからなのだろう。

内部ショートで発火・・なんてことにならぬよう、0.5A程度のヒューズを電源線に入れておいた方が良いと思われます。

発熱は殆んどなし、長時間連続使用して手に握りしめた時、少し熱があるかなー程度。通常は、露出するものなので放熱等の問題はないかと・・。

不足の取り付けアングルは1mm厚なので曲げ加工で角度などの変更は可能。

本体は、ネジ構造になっているので、アングルを外し、バンパーなど取り付け面にドリル ホールソなどで15φの穴を開け、挟んで、埋め込んだり、取り付けプレートの自作も可能かと思われます。 

LOSKAバックカメラ 4
この際は、薄いゴム板を挟むなど防水に気を使った方が良いかと思います。
あと、リード線の出口もコーキング等で防水加工しておいた方が無難かも知れませんね。


続きを読む>>

- | -

前期型のオルタネ−ター90A ME201837、ME201745の違い

▶ in メンテナンス posted 2017.07.08 Saturday / 07:21

【 追記 】
デリカBBSでtoyoさんより、以下のような情報をいただきました。
デリカBBS該当コメントリンクより一部抜粋
調べたところ、
H6〜H7年7月まではプーリーの大きなME201745 (A3T09198) (84mm)ベルトはMH014050(980mm)で、
その後前期型は、ME201837 (A3TA3098)(72mm)ベルトMH014054(970mm)になりました。

三菱では、プーリーが大きな方の車を純正オルタを購入すると、代替え品でME201837を出すそうです。

そのため、ME201745 (A3T09198) (84mm)リビルドで購入した場合は、できれば、プーリーを小さい物に交換して取り付けてくださいとのことでした。

プーリーのみの販売もありますが、私は、古いオルタのプーリーを外して、取り替えました。


おそらく、アイドリング等、低回転での発電量改善目的で、初期型途中のマイナーチェンジでプーリーの径を小さくしたのかも知れません。

ベルトもテンションのアジャストでなんとかなりそうな感じですし、交換の際には、メンテの際の品種統一の目的もあるとは思いますが、上位互換、改善をも併せME201837を使うようにしているのかもしれません。プーリーの交換は、私も考えたのですが、外す工具がないので冒険はやめました。
ME201745(84mmプーリー)はME201837(72mmプーリー)と比べると、やはりアイドリング時の発電量が低いようで、アフターグローでエアコンを使用している最など、ME201837を使っていた頃と比べアイドリング時、顕著に電圧が上がらないのが分かります。
走り出し、回転が少しでも上がれば、全く同じ(誤差範囲の範疇)なのですけどね。 / 追記終わり


1月にヤフオクで購入、交換したリビルトオルタネーター(ダイナモ)ME201837 が約半年経過後、突然発電しなくなりました。
オルタネーターリレー(抵抗とダイオード)や、配線周りをチェックしたが問題なし。急いでいたことと、本当にオルタネーター(ダイナモ)本体だけの問題なのか、自信が持てなかったので、ヤフオクで、別の安い コア返却なし 送料込み18,000円のオルタネーター(ダイナモ)を入手しました。

新たに入手したものに交換した結果、良くなりましたので、オルタネーター(ダイナモ)本体の不良と断定。
1年・1万キロ保証品でしたので、落札元(ネット販売元)へ連絡、翌日に京都のリビルド業者から交換品が、個体の発電データー付で発送されてきました。

今更、再度交換作業はやりたくないし、この先出し交換品は、一年程度「保険」として所持、後に売ろうかと思っております。

今回、二度のリビルドオルタネーター(ダイナモ)交換作業で、わかって来たことがありますので、情報として記録しておきます。


ヤフオクで以下のような説明のオルタネーターを購入しました。
(送料込18,000円)

> ■デリカ スペースギア ディーゼル オルタネーター(ダイナモ)90Aリビルト品
> ■適用車種:デリカスペースギア
> ■適用型式:PD8W PE8W PF8W 
> ■適用エンジン型式:4M40
> ■適用オルタネーターNo.
> A3TA3098 A3T09199 A3T09198 ME200695 ME201745 ME201837 出力90A  12V 
> ■短期間の故障を防ぐため本体内部の部品レギュレーター、レクチ、ブラシ、ベアリングなどは全て新品交換しております。
> ■全てコンピューターテスターによる品質チェックを行っており、検査データー資料も付いておりますので安心して御使用ください。
> ■コア返却は不要です。
> ■保証
> 購入後6ヵ月以内とさせていただきます。

今回、この品を落札しました。

当方の車両は、適用品番にもある、ME201837 (A3TA3098)ですが、注文した結果、ME201745 (A3T09198) が発送されてきました。
ME201745は、スペースギアの初期モデル1995年(H7)7月(仮に呼称Aとする)までに使用されたオルタネ−タで、それ以降〜1997(H9)5月まで(B)使用された ME201837 とはプーリー径が違いました。

また、付いて来た発電電流実測値から判断すると、発電量も劣り、あくまで「適用」、「完全互換」では無いようです。

プーリー比較
(A)ME201745(84mm)/(B)ME201837(72mm)


プーリー径は見た目明らかに違い、実測すると、
(A)ME201745 (A3T09198) (84mm)
(B)ME201837 (A3TA3098)(72mm)

プーリー径が大きいという事は、エンジンの同じ回転数では、オルタ自身の回転数は落ち、発電量もそれに見合って下がります。
単純計算で、ME201745はME201837に比べ、同じエンジン回転数下で、1割程発電量が低いのでは?と思われます。

ME201745 と ME201837 それぞれの、オルタネータ軸回転数に対する発電電流の実測データーを入手したので以下に掲載します。


リビルトメーカーによる 実測・電流−回転数 特性グラフ

リビルトメーカーによる 実測・電流−回転数 特性グラフ

※この回転数は、オルタネータ軸での回転数なのでプーリー径は関係ありません。
この二種のリビルドオルタネータの個体実測値を見る限り、ME201745はME201837と比べると、全体的に発電量が少ない。
プーリー径もそうですが、オルタネータ本体自体も初期型の途中で仕様が変更、スペックが向上しているのではないでしょうか?。


続きを読む>>

- | -

4M40エンジン ウォーターポンプ&サーモスタット交換作業

▶ in メンテナンス posted 2017.06.29 Thursday / 23:47

朝、車の下に直径20cm程のシミが・・車の下を見ると雫が落ちている・・。ウォーターポンプの下部より冷却水がもれ出ているようでした。

エンジンが温まると、ウォーターポンプのパッキンが?金属が?膨張するからかか、冷却水のモレは止まる。
車に補給用の水を積み、部品(ポンプは手持ちがあり、サーモスタットを新規購入)を入手するまでサブタンクの液面量チェックしつつ1週間程度乗りました。

型式PD8W 平成8年式、走行16万キロ位・・年を取るといろいろありますネ。

一番難儀したのが、プーリーの取り外しの際、回転するので力がなかなか加えにくい・・。
回り止めのスペシャルツール?を自作した。

デリカスペースギア ウォーターポンプ交換

デリカスペースギア ウォーターポンプ交換


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP