− デリカ太郎日誌 −

スターキャンプグラウンズ

▶ in ニュースなど posted 2007.02.22 Thursday / 23:34

先週の日刊工業新聞によると

三菱自動車は、自然と自動車が共生した楽しみ方を提案するオートキャンプイベントを10年ぶりに復活させるそうだ。

内容は・・・
今夏、高原などに大規模なイベント用地を確保、全国からユーザーを集めて、SUVの安全な運転テクニックやオートキャンプの基本知識、自然とのかかわり方などをアドバイスする。 との事ですので、

かつて富士山 朝霧高原、群馬県利根郡利根村等、全国の過疎地で1997年まで連続7回開催された、1000組規模のオートキャンプイベント「スターキャンプグラウンズ」(主催;都市・農山漁村交流オートキャンプフェスティバル実行委員会特 別協賛/三菱自動車工業)の復活かも知れません。

今年はデリカD:5も発売された事ですし〜この日本最大級のオートキャンプフェスティバルはRVブームよ もう一度、波に乗りたい三菱自動車の販促の為のイベントという思惑も多分にある事でしょうね。

スキー人口は一時期の半分に減ってしまったという・・。
娯楽の多様化でなかなかアウトドアとかキャンプブーム復活も難しいかも知れませんね。

九州の真ん中あたり、阿蘇、久住あたりで開催してくれないかなぁ(笑)




三菱自動車のサイト 1997年05月26日付けのプレスリリースに
「1997 スターキャンプグラウンズ」に特別協賛 の記事がありましたのでリンクしておきます。
この年が最後のスターキャンプグラウンズだったと思います。
1997 スターキャンプグラウンズ」に特別協賛
文中、「今回は、三菱GDI車の発売を記念して販売会社から応募されるお客様の中から150組を特別招待(無料)する」とありました。

 環境面への配慮(燃費の良さ)をアピールしつつ10年前パジェロでデビューしたGDIエンジン、その後三菱自動車の多くの車へと移植されて行きました。

ただし、スペースギアはエンジンルームのスペースの関係か、他の要因かさだかでは無いか、結局GDIエンジンは乗る事はなかった。
当時、新聞等に掲載される三菱車がずらーと並んだ広告等からもGDIエンジンを積まないスペースギアは消え去った。
今となってはそれで良かったのかも知れないとも思ったりする。

GDIクラブ」なんてステッカーを貼った車がどんどん市場へ送られたわけですが、結局はGDIエンジンの構造上、年々厳しくなる排気ガス規制をクリアするのが難しくなり、あえなく自然消滅撤退してしまいました。
(一部には構造上、燃焼時のカーボンが付着しやすく、アイドリング不調・振動・音量増加・燃費悪化・パワーダウン等不具合等も聞かれた。)

 車の世界もまさにドッグイヤー。

初期型SG乗りの私はさながらシーラカンスに乗っているようなもの?



デリカスペースギアとは関係ありませんが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

〜 デリカスペースギアブログ(デリカ太郎日誌) | スターキャンプグラウンズ 〜
 

Comments

Comment Form







デリカスペースギアページへ戻る



PAGE TOP