− デリカ太郎日誌 −

暫定税率廃止、車検と重量税

▶ in ニュースなど posted 2008.04.17 Thursday / 14:49

前エントリー記事「道路特定財源暫定税率・自動車取得税と重量税」が長くなりそうなので「暫定税率廃止、車検と重量税」として新たにページを作成しました。

5月初旬車検なので4月末に車検予約

私の車は5月初旬に車検で、GWということもあり、4月末に民間車検工場(指定工場)に半年以上前から予約を入れております。
ここへきて5月にもしかすると、重量税が下がる?可能性も少し出てきましたので、5月になってから車検受けたほうが良いんじゃないかな?と、いろいろ調べておりました。

4月18日から保安基準適合証を使い5月に届出を。

先日、自動車新聞に以下の記事が掲載されておりました。
車検制度を所管する国土交通省は、保安基準適合証(保適証)の有効期間(15日)を活用し、5月1日以前の入庫を推奨することは「指定整備制度のルール上問題ない」(技術企画課)との判断を示している。このため、保適証を発行できる指定工場は4月17日以降、ユーザーに減税の可能性を含めて説明したうえで、事前に入庫を働きかけるという対応が可能になる。/以上自動車新聞より引用

保安基準適合証(保適証)とは、民間車検工場(指定工場)で車検整備検査を受けたとき、正式な車検証が送ってくるまでの間フロントの見えるところに表示しておくあの紙です。
なるほど、そうなると、何も5月に車検(車体の整備検査)をずらさなくとも、4月17日以降に車検整備検査を受けておいて5月1日に車検の諸手続きを行ってもらえばOKということなのでしょうね。

すでに重量税減税に関しての案内も

以下はインターネット検索で探したサイトですが、すでに今回の暫定税率廃止に関連し5月1日から重量税減税が発生した場合の対応ついて事例を挙げて案内しているところもありました。(わかりやすく種々のケースについて解説してあります。)

ムツミコミュニティー株式会社
http://www.mutsumi-net.co.jp/
のこのページです。(PDFファイル)
http://www.mutsumi-net.co.jp/zantei.pdf

ユーザーの立場にたった、すばやい情報公開と思います。

はたして私の車の車検の場合どうなるの?

一連の記事を見て、大丈夫だろうとは思いましたが、ちょっと心配なので、予約をいれている民間車検工場(指定工場)にこの件について確認を行いました。
同様の処置をとるとの事で一安心です。

指定工場と認証工場

民間車検工場(指定工場)は保安基準適合証(保適証)が発行出来ますので、このように4月18日から5月1日まではお上への届出を伸ばす対応ができるとは思いますが、指定工場ではない普通の認証工場では保安基準適合証(保適証)制度がなくこの手法は使えないので注意が必要です。
今の状況を知った4月末が車検期限のユーザーは、あわゆくばと・・今回は保安基準適合証(保適証)の発行出来る民間車検工場(指定工場)に車検に出すとは思いますが、そのことを知らずに認証工場に車検依頼を行ったユーザーに対しては事前に告知説明納得してもらっておかないとお金がからむ事だけに後々もめそうです。




嵐の前の静けさ、そして5月1日は・・・

いずれにせよこのまま状況が変わらないと、4月後半、4月前半、業界は結構混乱しそうです。
車検関連部門はこれから4月末までは嵐の前の静けさ、5月になってからは前月分と一月(+保適証15日前)前の駆け込みはおろか、意図的な4月の車検切れ車両の車検、数ヶ月前倒車検?(数ヶ月なら十分相殺?可能かは要確認)等も入れ混じり、検査ライン事務処理等が集中しオーバーフロー状態になるのではないかと・・・。

公平でないと・・

税金が安くなるのは我々庶民には本当にありがたい事なのですが、少なくとも公平でなければならないと思います。
仮に5月1日一時的に重量税が安くなり、5月12日以降再度上がったとすれば(その可能性は高い?)、その期間の税金については後日追徴等も視野に入れ平均化して、不公平感をなくすべきではないのかなぁーと私は思います。

それができないのも法なのでしょうが・・・。

いろいろ書きましたが・・重量税は変わらず・・

結局のところ重量税は変わらず、捕らぬ狸の皮算用、要らぬ心配、単なるブログネタだったネと4月末には追記で書くことでしょう(笑)

車検有効年数 2年の場合
車両重量  暫定税率 本則   差額(円)
0.5トン  12600  5000  7600
1.0トン  25200 10000 15200
1.5トン  37800 15000 22800
2.0トン  50400 20000 30400
2.5トン  63000 25000 38000
3.0トン  75600 30000 45600

スペースギア(2t〜2.5t)の2年車検で考えると・・

5×6300×2年車検=63,000円
5×2500×2年車検=25,000円(暫定税率廃止後)

 38,000円の差

暫定税率の復活+原油価格高騰でガソリン160円

暫定税率の復活を衆議院で再議決する方針で、25円の暫定税率分の値上がりが確実視される、また、原油価格が再び高騰しているため、どうもガソリン価格が来月から1リットルあたり160円近くまで上昇する可能性が出てきているようだ。

[4月30日追記]
 ということで しばしの間、いい夢見せてもらいました。 



デリカスペースギアとは関係ありませんが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

〜 デリカスペースギアブログ(デリカ太郎日誌) | 暫定税率廃止、車検と重量税 〜
 

Comments

MORIMORI2008/04/30 10:17 PM

turboworks さんこんばんは
今となっては、結果的には何も変わりませんが(^^;)それにしてもおかしな業者ですね。
私が先日車検を受けた指定工場は受付の女性が懇切丁寧にいろいろ説明してくれましたよ。
今回はいい夢見せてもらいました(笑)

turboworks2008/04/25 12:33 AM

MORIMORIさん、こんばんは

保安基準適合証なんですが5/3までのをもらっていました。
税金関係の話をしても、民間車検工場(指定工場)だからとつっぱねられました。普通は融通が利くのですがね・・
無事今日、保安基準適合証から車検証とステッカーを頂き、みごと重量税まるまる払われていました。
次からはそこの民間車検場には出しません。アルミホイルも傷だらけにされ困りました。

turboworks2008/04/20 12:10 PM

MORIMORIさん、こんにちは
お久しぶりです。

偶然にも昨日、車検を行いました。行った車はデリカではなくトラックでしたが同じですね。私の場合は民間車検工場(指定工場)でしたので、保安基準適合証などなど対策が行われているか再度確認してみます。重量税のからみで19日になりました。詳しくわかりましたら報告いたします。

Comment Form







デリカスペースギアページへ戻る



PAGE TOP