− デリカ太郎日誌 −

オルタネーター(ダイナモ)・Vベルト交換(4M40)

▶ in メンテナンス posted 2017.01.13 Friday / 07:44

【追記】実は・・リビルドオルタネーター交換後、約半年、5000Kも走ってませんが・・ 6/23 突然発電しなくなりました。 
結果は、後日記載予定・・あの作業をまたやるのかと思うと・・トホホです。 


《お知らせ》
「オルタネーター・ファンベルトの交換作業」については、別途ページを作成しました。

  スペースギア オルタネーター・ファンベルトの交換


ここに書かれた内容(代替情報等)について、使用可否の判断は自己判断・責任でお願いします。

スペースギア・ディーゼルエンジン(4M40)に搭載されているオルタネーターは下記


前期型(俗称)

1994(H6).03〜1995(H7).07
ME201745 90A

前期型のマイナー後(見た目は前期型・中期型と称することも)
1995(H7).08〜1997(H9).05
ME201837(ME202755)90A

ME202755は三菱部品の若干軽量化されている代替品。発電電力量は同じ。
※他に、ME200695もあり、上記前期型はすべて互換性あるようです。
※「シャモニー」も同じオルタネーターを使用。

後期型(俗称)

(前期との外観違いは樹脂のガードバー)
1997(H9).06〜1997(H9).11
ME202232(ME202756)120A
1997(H9).11〜2004.08(H16)
ME202756 120A
※(カッコ)内、互換

※後期型は 120A、前期型と比べプーリー径が若干大きくなって、最終的には同じ大きさになったという情報も。
前期に装着してもテンション調整範囲内とのBBSでの情報。


普段、発電電力不足を感じることが無ければ、あえて、90A→120Aに上げる意味はあまり無い気もします。
厳密には、負荷増える分、燃費は落ちると思います。
無視出来る位でしょうけど、厳密には(^^;)
パジェロの125Aオルタネーターでも流用できるものもあるとの情報もありました。
ただ、あの狭い空間での作業ですので、物理的サイズ違いは、少なからず取付難度も増すことは確かかと。
すべての車種等でそうなのかもわかりませんし、BBS等のログなどを参照してください。

当BBSのネット検索で探すと、参考になる記事が多くあります。
 スペースギアBBS内検索

リビルド品オルタネーター購入にあたり注意する点

コア返却に注意

通常リビルド品は「コア返却要」、同じものを返却するのが大前提です。
コア返却
もともと90Aのものに対し、120A品を購入した場合等、別途請求されるかもしれませんので、確認が必要です。

再度やりたくない作業・1年保証は絶対条件

リビルド品購入にあたっては、最低でも「1年・1万キロ」保証のあるものを購入されることをおすすめします。
業者も様々、最低限、販売にあたって、車の車体番号・型式等確認を要求するようなところが、良いのではないでしょうか。
簡単に取り換えられる部分ではないですから、1年保証も出来ないような品物は購入しない方が良いです。

ヤフオク(ネット代理店)で21,000円で購入・品物は京都の別の会社から

今回、当方はヤフオクで購入しました。
オルタネーターに限らず、リビルド品をネット販売している多くの業者は、ネット販売代理店みたいなところが窓口で、実際、発送されてきたリビルド品を手掛けているのは、別の会社で。今回のオルタネーターは、京都府にある「石友商会」というところでした。

「着払い」の伝票がリビルド品に同梱されてきますので、取り外したコア(オルタネータ)を二週間以内に返送します。
通常一週間というところが多いですが、ここは原則二週間以内の返却のようです。(二週間以上かかる場合は代理店へお知らせくださいとのことなので若干の猶予はいただけるのかも?)

当方の車種は、ME201837 90A で、送料込み21,000円でした。
このヤフオクの販売代理店は、問い合わせメールの対応も早く、即日発送、品物は綺麗で、問題なく(年次経過・距離走ってみないとわかりませんが・・)、印象は良かったです。

オルタネーターも、だいぶ安くなりました。
最近は、コア返却不要のところも見かけますし、過剰在庫気味なのかも知れません。




今回は、予防メンテでオルタネーター・Vベルト交換

先日、そろそろ寿命だなー代えなきゃなぁーと思っていた矢先にラジエーターが出先で破裂。
レッカー移動当や、修理期間のレンタカー代は自動車保険特約のロードアシストで無料でしたが、車の修理代はDIYの数倍かり、痛い出費でした。
  ラジエター故障話題

そんなこんなで、不具合は無かったのですが、走行距離的に、そろそろか寿命かなーと思っていた、オルタネーターを、しばらく交換していない細り気味のVベルトと共に「予防」で交換しました。

自動車修理工場に修理に出すと、部品代・工賃(技術料)含め、6万円は下らないでしょう。たぶん。

そろそろ逝くかもって心配して乗ってるよりは、気分的にもいいですし、「ラジエーター爆弾?」を抱えてらっしゃる方は、「ラジエーターも」同時に交換すると、手間も省けますよー。

オルタネーターの交換ページは、別途作成予定です。
以下は編集中の写真の一部を、縮小サイズで掲載

デリカスペースギア(4M40) オルタネーター交換手順

デリカスペースギア(4M40) オルタネーター交換手順

 



デリカスペースギアとは関係ありませんが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

〜 デリカスペースギアブログ(デリカ太郎日誌) | オルタネーター(ダイナモ)・Vベルト交換(4M40) 〜
 

- | -



デリカスペースギアページへ戻る



PAGE TOP