LOSKAバックカメラ高画質防水IP68 170度広角レンズ CCD 車載カメラ鏡像でガイドライン無し

▶ in オプション・DIYなど posted 2017.08.20 Sunday / 18:53

リアバンパーに仕込んである、30φ位の中国製バックカメラが壊れたようで、先日突然映らなくなった。
2011年製なので6年位であろうか・・とは言え、バック時だけ通電なので、実時間は短い、経年劣化、暑さにやられたかなぁ?

後方の窓はすべて断熱材で覆っているので、リアアンダーミラーでの確認視は出来ず、リアの確認は、これまでバックカメラと、バックセンサーを併用していた。
とりあえず、バックカメラが無くとも、バックセンサーで障害物の確認(音とLEDインジケーターで距離表示)はできるのですが、やはり、目で確認できないのはかなり不安なので、交換を検討。

格安でコンパクトなバックカメラの購入を検討・・

交換の品を検討。

ポイントの手持ちがある、amazonと楽天ショップで(価格・サイズ優先で)バックカメラを探した。

結果的には、amazonで以下の製品を購入した。

LOSKAバックカメラ高画質防水IP68 170度広角レンズ CCD 車載カメラ鏡像でガイドライン無し


 amazon(今回の購入品)

 価格:¥1,089円
 送料:対象商品\ 2,000以上の注文で通常配送無料


価格が安く 千円位
中国製ですが、壊れたら変えればいい位の価格なので。
amazon内の対象商品\ 2,000以上購入で送料無料ということで、調子の悪かったPCのマウスや、カメラのレンズクリーナー用紙などを加えて購入した。

数日で到着した。

LOSKAバックカメラ 2

サイズが小さい!親指第一関節くらいの大きさ

箱を開けビックリ、いやぁー これ小さい、親指第一関節位のサイズ、これなら、ナンバープレート上のくぼみ部分などにも付けられそう。
LOSKAバックカメラ 1
※カメラ上部に、傷のようなものがありますが、取り付け時、水平位置を出す為に当方があらかじめ目印を付けたものです。

組み込む前に、事前に通電確認を

この種の品物は、組み込む前に、通電テストが絶対必要。
電源線を12Vに接続して、家庭用テレビの入力に接続、数時間連続動作確認をした。
 

通電にて感じたこと、他、気付いた事

映りは価格相応、暗いシーンでは、よく見るとノイズも乗っているが、バックアイカメラ目的なので、モノがそこそこ判別出来る位に映れば全く問題なし。

フォーカスは当然固定、10cmくらいの近さから∞まで映る

画角は十分広い、実測してみたところ水平の画角は110度位でした、製品のタイトルには170度広角とか書いてあるけど、これは間違いでは?
説明書には、視野角170度と書いてあるし・・
170度は水平位置ではなく、対角なのかも?

電流は、実測すると、明るいところを映した時90mA、暗いとろだと100mA程度に若干増える。照明のLEDが付いているわけでもないのに増えるのは、内部でアンプのゲインを上げているからなのだろう。

内部ショートで発火・・なんてことにならぬよう、0.5A程度のヒューズを電源線に入れておいた方が良いと思われます。

発熱は殆んどなし、長時間連続使用して手に握りしめた時、少し熱があるかなー程度。通常は、露出するものなので放熱等の問題はないかと・・。

不足の取り付けアングルは1mm厚なので曲げ加工で角度などの変更は可能。

本体は、ネジ構造になっているので、アングルを外し、バンパーなど取り付け面にドリル ホールソなどで15φの穴を開け、挟んで、埋め込んだり、取り付けプレートの自作も可能かと思われます。 

LOSKAバックカメラ 4
この際は、薄いゴム板を挟むなど防水に気を使った方が良いかと思います。
あと、リード線の出口もコーキング等で防水加工しておいた方が無難かも知れませんね。


続きを読む>>

- | -

スペースギアのボンネットを1,980円でカーボン調にイメチェン

▶ in オプション・DIYなど posted 2016.12.10 Saturday / 23:09

ボンネットの塗装が白く薄くなってきている部分があり、みっともないので補修を行いました。

以前乗ってたスペースギアでは、ボンネットを外し、DIYで純正色スプレー缶で塗装を行なったが、いまいちの仕上がりだったので、今回は、どうせならと、イメージチェンジも兼ねて、カーボン調のカッテングシートを購入、補修を試みました。

ツートン調で、意外にいい感じに仕上がり、補修を超えたドレスアップに自己満足の世界。
アクセントに「ダミーダクト」まで貼っちまった(笑)

スペースギアのボンネットをカーボン調に 1

作業は、ボンネットを外して行う事が絶対条件。
風は大敵、室内で行った方がいい。
作業は二人で行う事(当初、一人で行っていたのですが、ニッチモサッチモ行かなくなりカミさんHELPでなんとか完成)
ディーゼル車の場合、湾曲しているエアインテーク部分が難しい、ここがキモでして、ここをクリアするのが一番の難関、ドライヤーを使い伸ばしならの作業。

スペースギアのボンネットをカーボン調に 2

バグガード装着車は、ここの下は多少シワあっても目立たないというか見えないので、ここにシワを寄せるような貼り方をすると良いです。


続きを読む>>

- | -

三菱純正「ボンネットデフレクター」取り付け

▶ in オプション・DIYなど posted 2016.03.08 Tuesday / 07:33

前々から気になっていた三菱純正オプションパーツ「ボンネットデフレクター」を先日ヤフーオークションでゲット、装着しました。

スペースギア ボンネットディフレクター 
〜 スペースギア ボンネットディフレクター 〜
Space Gear (Mishubishi L400) Bonnet Deflector

高値で推移・なかなか手が出ないボンネットデフレクター

このスペースギアの純正「ボンネットデフレクター」は、ヤフオクにたまに出るのですが、絶対数が少ないようで、市場原理、高値落札価格を維持しております。
加えて、送料も、かさばり「160サイズ」クラスになるので、関東から九州からの個人売買だとおそらく送料に2,000円以上かかったりするので、落札者の負担も大きいです。

発売時の価格は18,000円(税抜)の品、使用年数、樹脂(ポリカ?)の経年劣化を考えると、今、落札するなら理想落札価格は3,000円以下、プレミアム価値を考慮・加味しても、5,000円以内かなー。

プチレストアも楽しみの一つ

前の持ち主が釣り好きだったようで、shimanoステッカーなど複数貼ってあり、中央部に剥がした跡の固形化した粘着物(写真)や、劣化でコビリ付いたステッカーなどあり、剥がすのに小一時間。

スペースギア ボンネットディフレクター 

まず、スクレーパーやカッターの歯で削り落とし、その際付いたスレ傷を細目のスポンジペーパーで削り、仕上げはコンパウンドで磨き、新品とまでは行きませんが、結構見違えるように綺麗になりました。(自己満足の世界)

取り付け方法は?

さて・・どうやって取り付けるのだろう?
ノブナットの付いた二種(合計4つ)の取り付け金具の使用方法がわからない。
「スペースギア」「ボンネットデフレクター」「取り付け」「説明書」「取説」「取り付け方法」 などのワードをからめてWeb検索で探すも、結局見つからず。
あーでもないこーでもないと、試み、ようやく取り付け完了。

作業のポイントとしては、脚立などにあがって上から目線で作業を行うことでしょうか。

取付金具(中央二個)
※この写真は別件でボンネットを取り外した際に撮影したものです。

中側の二個は、ボンネット裏の紙製の空気ダクトをとめているボルトで金具を共締めします。共締めするボルトの両脇のボルトも緩めておくと、金具がスムーズに挿入できるかと思います。

06.jpg

隙間が出来ないよう、上からデフレクターを抑えつつノブナットをしっかり締め付けます。

純正のドアバイザーなど、長年使ったものは紫外線等による経年劣化で少し曲げただだけで簡単にパキパキ割れます。このボンネットデフレクターはドアバイザーに比べ肉厚はありそうですが、おそらくこれも古いもの、駐車場等条件の悪い固体は曲げればバキ!と行くかも知れません。取り付け作業は無理な力を加えないよう慎重に。

ボンネットデフレクター インプレッション

前から見たとき、野暮ったいワイパーがデフレクターに隠れ、見た目スッキリします。
派手すぎず、存在感はあり、自己満足。
運転席から前を見ると、ボンネットデフレクターを取り付けた分、下側の視界が若干遮られます。
気にならない範疇ですが、ドライバーの座高が低かったり、社外品のローポジションシートレールをお使いの方など、目線の低い方は、慣れるまで気になるかも知れません。
スモークなので、日中なら一応、透過はしますが・・・。

高速で走れば、雨なども上に吹き飛ぶかな?と期待してましたが全く関係ないです。雪とかでは多少いいかも知れませんが・・。

デメリット
落ち葉などがディフレクターと窓ガラスの間・ワイパー付近に落ちると、走っても風圧で飛ばないの、たまります。たまった落ち葉を定期的に手で取り除くのが結構めんどうです。

注意点ですが、ワックスをディフレクターに塗らないようにしましょう、雨の日に水滴が風で窓ガラスに飛び、油膜だらけになります。


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP