スペースギア フレーム腐食AT不具合等で廃車DEATH!!〜次もスペギ

▶ in トラブル posted 2014.09.30 Tuesday / 20:07

当方のデリカスペースギア、「月まで行くぞ〜!」・・を、目標にしていたのですが、走行24万キロ、平成7年生まれの老体、各種不具合をかかえ、修理すると膨大な経費が予想される為、やむなく9月に廃車にすることにしました。

主だったスペースギア(1号車)の不具合 DEATH!!

フレームの腐食 前のバンプストッパー付近が内部から?錆で腐食している。リア部も腐食気味。
(この不具合は、BBSでも度々話題になっております。後期型においても発生しているようです。)
 → その後書いた記事も参照してください。
■ATを P→Dレンジへ入れた時にゴツンという強烈なショックがある。
(P→R→Dと入れると何故かこのショックは発生せす、スムーズに繋がるので、そのようにしていた。)
■坂道などの高負荷運転後、(油温があがると?)減速時などATの変速ショックが大きくなってきている。(走行中、ATランプが点滅したことや、朝の始動時にATランプが点滅したこともあった。油量等は問題なし。)
■4WD/2WD切替出来ない(フルタイム4WDのまま固定で使用)
■エアコンガス漏れ(ガスが漏れている場所はリアエアコン配管連結部、特定でできているが、Oリング交換でも完全に治らず漏れ継続)
■アーム・ブッシュ類含め足回りの老化による乗り心地の悪化(フロントまわりが特に劣化気味)
■ウエストゲートバルブ固着かリリーフバルブ故障?によるフルブースト時のブースト抜け。(アクセルベタ踏みをしないよう対応)
■リアゲートのアクチェーター内スイッチが不良。(半ドアわからず、気を使って閉めるよう対応。)
■グローコンピューター不良。(手動でプリグロー出来る様、グローリレーを動作させる回路を追加して対処)
■デフロにしても窓側に風があまり出ず、曇りが取れない。(インパネ内アクチェーター切替不良?)
■ATのODスイッチ不良、外装塗装 クリアの剥がれ、浮き 他 細かいもの モロモロ。

特に、フレーム腐食とAT不良は安全面にもからみますので、今回廃車を決断した決定的要因です。

参考まで、下記フレーム部分が特に腐食の発生しやすい場所です。
気休めかも知れませんが、シャーシブラック等のアンダーコート剤で、早めに防錆してしておいた方がいくらか良いと思います。
※以下の写真は、次車両を撮影したものです。

スペースギア フレーム腐食要チェック箇所
[ 参考(写真は次車両):フレーム腐食の発生しやすい場所 ]


続きを読む>>

- | -

スペースギア 後部ガラス(クォーターガラス)外れ ジーナスGM-8300で修理

▶ in メンテナンス posted 2014.09.01 Monday / 07:26

スペースギアの、助手席側、スライドドア後部のガラス(クォーターガラス)は
鉄製のリテーナー?(枠)を接着したものをに、上下二ヶ所、鉄製のフックがスポット溶接してありこれをボディーにボルト固定してあります。

この、上下二ヶ所のフックの内、上側のフックのスポット溶接(2箇所)が外れ、ガラスが浮き上がり、スライドドアが開かなくなるド不具合は結構メジャーで、BBSでも何度か話題になっております。
ご多分にもれず、私の車も新車購入後、6年目位に外れました。
スポット溶接は二個所、おそらく、製造不良(溶接不良)だと思います。

構造上、部分修理は難しく、ガラスAssy交換となり、数万円かかるようです。

安全面にかかわるので、今まで公開しておりませんでしたが、(1台だけですが)長年使って異常ありませんでしたので、一つの情報として補修・修理した情報を書いておきます。

あくまで理想はガラス交換、この接着剤&テープによる補修・修理を一般に奨めるものではありません。
また、施工はご自身の判断で自己責任の上、お願いします。


現物を見て頂ければわかりますが、ガラスは帯状のゴムが付いております。
下側のフックは大丈夫なので、当初、このゴム全体を強力な黒色の布テープでボディーに接着してしのいででおりました。
しかし、夏の盛りなど、テープの伸びなどでどうしてもガラスが浮き気味となり、定期的に張り替え、対応しておりました。

ブレニー技研 Genus(ジーナス)GM−8300でフックを接着

前記、布テープだけでは、やはり心配なので、5年程前でしょうか、フックを接着をしました。
ホームセンター等で市販されているような接着剤では、強度的にまず無理ですので、ネットでいろいろ調べた結果、おそらく一般販売されているもので、一番強力であろう、ブレニー技研 Genus(ジーナス)GM−8300が良さそうなので、これをamazonで購入の上、使用しました。

この作業で一番のポイントは、より強固な強度を確保すべく、接着前に下地を処理することです。

リアガラス外れ修理 

まず、接着する際の位置出しの為、フックのあった場所の周囲にマスキングテープ等を貼っておきます。
(写真では銀色のテープを貼ってます。)

フックのスポット溶接跡+さらに1箇所にドリルで穴を開け、リテナー側共、ディスクグラインダーで“なめて”表面の凹凸を作り、GM−8300がより浸透食い込むように加工します。

スペースギア リアガラス外れ修理 

スペースギア リアガラス外れ修理 

下地加工後、パーツクリーナーで油分や汚れなどを洗い流します。
乾燥後、GM−8300キットに同梱された取説を参照し、調合の上接着、接着面だけでは無く包むように盛ります。
作業後、より強く固定する為、取説を参照の上、規定時間ハロゲン投光器等で加温します。

スペースギア リアガラス外れ修理 05

規程時間経過後、フックが曲がる位のかなり強い力で引っ張ってみましたが、びくともしません。

スペースギア リアガラス外れ修理 06

これだけでも大丈夫とは思いますが、フェールセーフ、再度ゴム部を黒い粘着テープでさらに固定しました。
接着が効いたようで、浮き上がりも全く無く、施工後、その後廃車まで5年程?問題ありませんでした。


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP