加速中にプシューという音、ウェイストゲート不良でリリーフバルブ開放か?

▶ in メンテナンス posted 2016.07.12 Tuesday / 00:05

【追記】一時は良くなったかに見えたのですが・・
2週間程経過・・急坂でアクセルを踏み込みフルブーストするとやはりまだシューという開放するようです。

その後、リリーフバルブ側を抜けないよう対策、ブーストが上がる際にはブースト計をチェックしつつアクセルワークで1K以上上げないように運転に心掛けることでの対処としましたが、この手法は万人向けのいい選択とは思えませんので、ネット上で詳しく公開するのは控えます。

以下の記事は途中経過の報告となってしまいました。




フルブーストでリリーフバルブの開放音

先日、加速しようとアクセルを踏むとシュー?シャー?という感じの音がインパネ奥の方から聞こえた。
廃車にした前のスペースギアでも良く聞いた音なので、この音は、リリーフバルブが開放する音と確信。

経験からすると、このまま乗ると、段々リリーフバルブの抑えが利かなくなり、急坂の登坂等でも加速不良に陥る可能性大。

リリーフバルブ、ウェイストゲートダイヤフラム付近にオイル付着、

後日、エンジンルームを確認した。
エンジン奥に付いているリリーフバルブ付近にオイルが付着していることより、音はリリーフバルブの開放音であることは間違いない。
ターボユニットに付いている、ウェイストゲートのダイヤフラムに付いているホース付近からダイヤフラムにかけてオイルが付着している。

はて? このオイルはどこから出ているのだろう?
付着具合を見ると、なんとなく、ホースから漏れているようにも見えるが・・洩れるようなものでもなしなぁ・・。
エアダクトの連結部から長い間ブローバイガスが盛れていたのかなぁ???
ダイヤフラムのこの部分だけ妙に錆が目立つのもその影響かも知れません。
とりあえず、周辺を洗浄して、ホースの勘合などを再チェック、問題なさそう。

スペースギア 

スペースギア 
〜 エアダクト連結部からのブローバイオイル? 〜

スペースギア 
〜 リリーフバルブ部(洗浄後の写真) 〜


昔、流行ったワッシャーでお手軽ブーストアップ

ウェイストゲート ダイヤフラム部にワッシャーを入れウェイストートの開きを抑制させ、結果的に加給圧を上げる(ブーストアップ)改造がされております。
リリーフバルブは純正のままなので、ワッシャーを外し、純正に戻すことにしました。

スペースギア 

12mmのナットを緩め、ワッシャーを外すのですが、ワッシャーを下に落とすと悲惨なことになるので、落としてもいいようにあらかじめレジ袋を下に敷きこみ作業を行いました
(案の定、ワッシャーを一つ落としたが、事なきを得る~~;)

スペースギア 


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP