細かいクラック(ひび割れ)でBFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2へタイヤ交換

▶ in メンテナンス posted 2018.09.15 Saturday / 19:10

タイヤ交換を考えている。

現在、スペースギアに装着しているタイヤは、BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オールテレーン)T/A KO LT235/70R16

山はまだ7mm程あるのですが、ひび割れが・・そろそろ交換時期かなぁー・・

現在、装着しているタイヤは、2016年にKO2にモデルチェンジする前の、KOモデル。
2014年製造、山はまだ7mm程残っているのですが、ヒビ割れがタイヤのトレッド面やサイドなど、随所にみられるようになってきた。

ゴム質が劣化しているようで、昔のような弾力性が無くなってきているようですのでグリップ性能なども劣化していると思います。

、BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オールテレーン)T/A KO ヒビワレ
4年弱使用、タイヤのヒビ割れ部

タイヤのクラック(ひび割れ)使用限度
図は、一般社団法人日本自動車タイヤ協会(PDF)より一部ピックアップ


上記を参照すると、おそらく「レベル4」位かな?
4年弱使用、高速走行などでの安心安全を考えると、そろそろ予防で交換時期なのだろうなぁーと。

駐車環境などにもよるとは思いますが、BFグッドリッチオールテレーンタイヤは、山が深いので、減らず、見た目の「持ち」は非常に良いのですが、山が無くなる前にクラック(ヒビ割れ)が発生し、交換することになるのが弱点でもあります。(KO2モデルで、このあたりが改善されていると良いのですが・・・)

ヤフオクなどオークションとかフリマで、落札する際は、製造年をちゃんと確認した方が良いです。経験上、5年位で交換でしょうか。
山はあっても(バリ山)、すぐさま交換する羽目になる可能性もあります。


次も、BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オールテレーン)

アメリカ産、値段は国産より高めですが、見た目(車との親和性)、実用性、耐久性などを考え、今と同じ銘柄、BFGoodrich All-Terrain(BFグッドリッチ オールテレーン)にすることにしました。

YOKOHAMAジオランダーも一度(浮気?)使ってはみましたが、私は、やはりBFグットリッチオールテレーンが、トータル的に一番好みです。

BFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2 タイヤ
写真はBFグッドリッチ 公式サイトより


2016年2月に、20年以上ぶり?にKOからKO2へのモデルチェンジした、オールテレーンタイヤは、ショルダーゾーン部のデザインの押しが強くなり、見た目にもタフな感じがとても魅力。

BFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2 タイヤ
写真はBFグッドリッチ 公式サイトより


BFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2 タイヤ
写真はBFグッドリッチ 公式サイトより


以下は、BFGoodrich(BFグットリッチ)サイトより引用

タフ サイドウォール テクノロジー

BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オーツテレーン)T/A KO2
【1】アドバンスド・デフレクション・デザイン
ショルダーブロックの裂け割れを抑制します。
【2】タフサイドウォールラバー
本場アメリカのレースからフィードバックされたタフサイドウォールラバーとニューデザインを採用。
【3】ショルダーゾーン
より厚みが増しエリアが広がったショルダーゾーンが外傷によるダメージを配慮します。


オフロードでの優れた耐久性

BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オーツテレーン)T/A KO2
【1】アドバンスド・タイヤ・フットプリントシェイプ
オンでもオフでも均等な接圧分布を実現。これにより偏摩耗を抑制します。
【2】インターロッキング・トレッド・デザイン
接地面が安定し、偏摩耗を抑制します。
【3】ストーン・インジェクター
石噛みを抑制します。

トラクション性能

BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オーツテレーン)T/A KO2
【1】セレイテッド・ショルダー・デザイン
泥濘路(マッド)での強力な走破性を実現します。
【2】サイド・バイター・ラグ
マッド、ロックにおける低圧時のトラクションに貢献します。
【3】マッド・クリーニング・トラクションバー
泥詰まりの排出をサポートします。

プロモーションビデオ(Youtbe動画)

15年ぶりのモデルチェンジを行い、登場から3代目となったBFGoodrich All-Terrain T/A KO2の
商品説明をメーカーのブランド戦略マネージャー、並びにプロダクトマーケティングマネージャに解説してもらった。
この映像を見ればBFGoodrich All-Terrain T/A KO2の開発コンセプトや新たな特性を理解することが出来るだろう。
販売店は勿論、一般ユーザーもコレを見れば欲しくなる!そんな解説ビデオです。
PRビデオ

「ハミタイ」の基準が昨年緩和されたのでサイズを10mm大きく245にしようかと・・

2017年6月22日以降、保安基準が改正(回転部分の突出禁止規定の見直し)となり、10mm未満=9mm以内)ならタイヤサイド部のはみ出しOKとなったようです。
※ホイール部のはみ出しはこれまで同様NG、基準緩和はあくまでタイヤ部のことです。


以下は、http://www.oaspa.or.jp/event/2017/2017062301/20170623_02.pdf より一部引用

回転部分の突出禁止規定
このたび、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成14年国土交通省告示第619号)の一部が改正され、
回転部分の突出禁止規定の見直し
排気管の開口方向要件の廃止
が行われました。
これらについては、平成29年6月22日以降、自動車の製作された日を問わず適用されますのでお知らせします。

,良分の検査コースでの取扱いは次のとおりとなります。
■回転部分の突出禁止規定
自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイール・キャップ等)は当該部分の直上の車体(フェンダ等)より車両の外側方向に突出していないこと。
この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに被牽引自動車を除く。)であって、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる範囲の最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなす。


当方は現在、235-70-16を装着しておりますが、次のタイヤは 245-70-16にする予定です。

245にすると計算上、今より片側5mm外側に出ますが、以前、245/70/16(ホイール7J−13)を装着していた頃、旧基準でも丁度オバーフェンダーのツライチという感じで、車検も問題ありませんでしたしたので、現行のタイヤはみだし9mm以内の基準下では、仮に派手になったショルダーゾーン部がはみ出しても、十分保安基準におさまるのでは?と思います。

リア側はオーバーフェンダーに加え+5mm程のモールも装着しているので、9mm以内限界まで攻め込むなら、あと10mm位はいけるかも知れませんが、コスト高、燃費悪化、泥はね、全輪タイヤハウス部の車体干渉など出てきそうですので、2インチアップ、一般的オーバーフェンダー付きでは、245がトータルバランス的には一番良いサイズなのかなーと。

価格優先で、今回もインターネット通販店で購入

地元で購入したほうが、地元にお金が落ち、一番なのは重々承知ですが、いかんせん大型量販店などは高い。
毎回、インターネットで購入して、近所のタイヤ取り付けを行うスタンドに持ち込み装着しております。


続きを読む>>

- | -

細かいクラック(ひび割れ)でBFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2へタイヤ交換

▶ in メンテナンス posted 2018.09.15 Saturday / 19:10

タイヤ交換を考えている。

現在、スペースギアに装着しているタイヤは、BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オールテレーン)T/A KO LT235/70R16

山はまだ7mm程あるのですが、ひび割れが・・そろそろ交換時期かなぁー・・

現在、装着しているタイヤは、2016年にKO2にモデルチェンジする前の、KOモデル。
2014年製造、山はまだ7mm程残っているのですが、ヒビ割れがタイヤのトレッド面やサイドなど、随所にみられるようになってきた。

ゴム質が劣化しているようで、昔のような弾力性が無くなってきているようですのでグリップ性能なども劣化していると思います。

、BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オールテレーン)T/A KO ヒビワレ
4年弱使用、タイヤのヒビ割れ部

タイヤのクラック(ひび割れ)使用限度
図は、一般社団法人日本自動車タイヤ協会(PDF)より一部ピックアップ


上記を参照すると、おそらく「レベル4」位かな?
4年弱使用、高速走行などでの安心安全を考えると、そろそろ予防で交換時期なのだろうなぁーと。

駐車環境などにもよるとは思いますが、BFグッドリッチオールテレーンタイヤは、山が深いので、減らず、見た目の「持ち」は非常に良いのですが、山が無くなる前にクラック(ヒビ割れ)が発生し、交換することになるのが弱点でもあります。(KO2モデルで、このあたりが改善されていると良いのですが・・・)

ヤフオクなどオークションとかフリマで、落札する際は、製造年をちゃんと確認した方が良いです。経験上、5年位で交換でしょうか。
山はあっても(バリ山)、すぐさま交換する羽目になる可能性もあります。


次も、BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オールテレーン)

アメリカ産、値段は国産より高めですが、見た目(車との親和性)、実用性、耐久性などを考え、今と同じ銘柄、BFGoodrich All-Terrain(BFグッドリッチ オールテレーン)にすることにしました。

YOKOHAMAジオランダーも一度(浮気?)使ってはみましたが、私は、やはりBFグットリッチオールテレーンが、トータル的に一番好みです。

BFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2 タイヤ
写真はBFグッドリッチ 公式サイトより


2016年2月に、20年以上ぶり?にKOからKO2へのモデルチェンジした、オールテレーンタイヤは、ショルダーゾーン部のデザインの押しが強くなり、見た目にもタフな感じがとても魅力。

BFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2 タイヤ
写真はBFグッドリッチ 公式サイトより


BFグッドリッチ オールテレーン T/AKO2 タイヤ
写真はBFグッドリッチ 公式サイトより


以下は、BFGoodrich(BFグットリッチ)サイトより引用

タフ サイドウォール テクノロジー

BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オーツテレーン)T/A KO2
【1】アドバンスド・デフレクション・デザイン
ショルダーブロックの裂け割れを抑制します。
【2】タフサイドウォールラバー
本場アメリカのレースからフィードバックされたタフサイドウォールラバーとニューデザインを採用。
【3】ショルダーゾーン
より厚みが増しエリアが広がったショルダーゾーンが外傷によるダメージを配慮します。


オフロードでの優れた耐久性

BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オーツテレーン)T/A KO2
【1】アドバンスド・タイヤ・フットプリントシェイプ
オンでもオフでも均等な接圧分布を実現。これにより偏摩耗を抑制します。
【2】インターロッキング・トレッド・デザイン
接地面が安定し、偏摩耗を抑制します。
【3】ストーン・インジェクター
石噛みを抑制します。

トラクション性能

BFGoodrich(BFグットリッチ)All-Terrain(オーツテレーン)T/A KO2
【1】セレイテッド・ショルダー・デザイン
泥濘路(マッド)での強力な走破性を実現します。
【2】サイド・バイター・ラグ
マッド、ロックにおける低圧時のトラクションに貢献します。
【3】マッド・クリーニング・トラクションバー
泥詰まりの排出をサポートします。

プロモーションビデオ(Youtbe動画)

15年ぶりのモデルチェンジを行い、登場から3代目となったBFGoodrich All-Terrain T/A KO2の
商品説明をメーカーのブランド戦略マネージャー、並びにプロダクトマーケティングマネージャに解説してもらった。
この映像を見ればBFGoodrich All-Terrain T/A KO2の開発コンセプトや新たな特性を理解することが出来るだろう。
販売店は勿論、一般ユーザーもコレを見れば欲しくなる!そんな解説ビデオです。
PRビデオ

「ハミタイ」の基準が昨年緩和されたのでサイズを10mm大きく245にしようかと・・

2017年6月22日以降、保安基準が改正(回転部分の突出禁止規定の見直し)となり、10mm未満=9mm以内)ならタイヤサイド部のはみ出しOKとなったようです。
※ホイール部のはみ出しはこれまで同様NG、基準緩和はあくまでタイヤ部のことです。


以下は、http://www.oaspa.or.jp/event/2017/2017062301/20170623_02.pdf より一部引用

回転部分の突出禁止規定
このたび、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成14年国土交通省告示第619号)の一部が改正され、
回転部分の突出禁止規定の見直し
排気管の開口方向要件の廃止
が行われました。
これらについては、平成29年6月22日以降、自動車の製作された日を問わず適用されますのでお知らせします。

,良分の検査コースでの取扱いは次のとおりとなります。
■回転部分の突出禁止規定
自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイール・キャップ等)は当該部分の直上の車体(フェンダ等)より車両の外側方向に突出していないこと。
この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに被牽引自動車を除く。)であって、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる範囲の最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなす。


当方は現在、235-70-16を装着しておりますが、次のタイヤは 245-70-16にする予定です。

245にすると計算上、今より片側5mm外側に出ますが、以前、245/70/16(ホイール7J−13)を装着していた頃、旧基準でも丁度オバーフェンダーのツライチという感じで、車検も問題ありませんでしたしたので、現行のタイヤはみだし9mm以内の基準下では、仮に派手になったショルダーゾーン部がはみ出しても、十分保安基準におさまるのでは?と思います。

リア側はオーバーフェンダーに加え+5mm程のモールも装着しているので、9mm以内限界まで攻め込むなら、あと10mm位はいけるかも知れませんが、コスト高、燃費悪化、泥はね、全輪タイヤハウス部の車体干渉など出てきそうですので、2インチアップ、一般的オーバーフェンダー付きでは、245がトータルバランス的には一番良いサイズなのかなーと。

価格優先で、今回もインターネット通販店で購入

地元で購入したほうが、地元にお金が落ち、一番なのは重々承知ですが、いかんせん大型量販店などは高い。
毎回、インターネットで購入して、近所のタイヤ取り付けを行うスタンドに持ち込み装着しております。


続きを読む>>

- | -

前期型のオルタネ−ター90A ME201837、ME201745の違い

▶ in メンテナンス posted 2017.07.08 Saturday / 07:21

【 追記 】
デリカBBSでtoyoさんより、以下のような情報をいただきました。
デリカBBS該当コメントリンクより一部抜粋
調べたところ、
H6〜H7年7月まではプーリーの大きなME201745 (A3T09198) (84mm)ベルトはMH014050(980mm)で、
その後前期型は、ME201837 (A3TA3098)(72mm)ベルトMH014054(970mm)になりました。

三菱では、プーリーが大きな方の車を純正オルタを購入すると、代替え品でME201837を出すそうです。

そのため、ME201745 (A3T09198) (84mm)リビルドで購入した場合は、できれば、プーリーを小さい物に交換して取り付けてくださいとのことでした。

プーリーのみの販売もありますが、私は、古いオルタのプーリーを外して、取り替えました。


おそらく、アイドリング等、低回転での発電量改善目的で、初期型途中のマイナーチェンジでプーリーの径を小さくしたのかも知れません。

ベルトはそのままでも、(かなり作業性悪いですが)テンションアジャストでなんとかなりそうな感じですし、交換の際には、メンテの際の品種統一の目的もあるとは思いますが、上位互換、改善をも併せ、ME201837を使うようにしているのかもしれません。プーリーの交換は、私も考えたのですが、外す工具がないので冒険はやめました。
バッテリーの充電状態などにもよるのかも知れませんが、ME201745(84mmプーリー)はME201837(72mmプーリー)と比べると、アイドリング時の発電量が低いようで、アフターグローでエアコンを使用している最など、ME201837を使っていた頃と比べアイドリング時、電圧が若干い上がり辛い気がします。
走り出し、回転が少しでも上がれば、全く同じ(誤差範囲の範疇)なのですけどね。 / 追記終わり


1月にヤフオクで購入、交換したリビルトオルタネーター(ダイナモ)ME201837 が約半年経過後、突然発電しなくなりました。
オルタネーターリレー(抵抗とダイオード)や、配線周りをチェックしたが問題なし。急いでいたことと、本当にオルタネーター(ダイナモ)本体だけの問題なのか、自信が持てなかったので、ヤフオクで、別の安い コア返却なし 送料込み18,000円のオルタネーター(ダイナモ)を入手しました。

新たに入手したものに交換した結果、良くなりましたので、オルタネーター(ダイナモ)本体の不良と断定。
1年・1万キロ保証品でしたので、落札元(ネット販売元)へ連絡、翌日に京都のリビルド業者から交換品が、個体の発電データー付で発送されてきました。

今更、再度交換作業はやりたくないし、この先出し交換品は、一年程度「保険」として所持、後に売ろうかと思っております。

今回、二度のリビルドオルタネーター(ダイナモ)交換作業で、わかって来たことがありますので、情報として記録しておきます。


ヤフオクで以下のような説明のオルタネーターを購入しました。
(送料込18,000円)

> ■デリカ スペースギア ディーゼル オルタネーター(ダイナモ)90Aリビルト品
> ■適用車種:デリカスペースギア
> ■適用型式:PD8W PE8W PF8W 
> ■適用エンジン型式:4M40
> ■適用オルタネーターNo.
> A3TA3098 A3T09199 A3T09198 ME200695 ME201745 ME201837 出力90A  12V 
> ■短期間の故障を防ぐため本体内部の部品レギュレーター、レクチ、ブラシ、ベアリングなどは全て新品交換しております。
> ■全てコンピューターテスターによる品質チェックを行っており、検査データー資料も付いておりますので安心して御使用ください。
> ■コア返却は不要です。
> ■保証
> 購入後6ヵ月以内とさせていただきます。

今回、この品を落札しました。

当方の車両は、適用品番にもある、ME201837 (A3TA3098)ですが、注文した結果、ME201745 (A3T09198) が発送されてきました。
ME201745は、スペースギアの初期モデル1995年(H7)7月(仮に呼称Aとする)までに使用されたオルタネ−タで、それ以降〜1997(H9)5月まで(B)使用された ME201837 とはプーリー径が違いました。

また、付いて来た発電電流実測値から判断すると、発電量も劣り、あくまで「適用」、「完全互換」では無いようです。

プーリー比較
(A)ME201745(84mm)/(B)ME201837(72mm)


プーリー径は見た目明らかに違い、実測すると、
(A)ME201745 (A3T09198) (84mm)
(B)ME201837 (A3TA3098)(72mm)

プーリー径が大きいという事は、エンジンの同じ回転数では、オルタ自身の回転数は落ち、発電量もそれに見合って下がります。
単純計算で、ME201745はME201837に比べ、同じエンジン回転数下で、1割程発電量が低いのでは?と思われます。

ME201745 と ME201837 それぞれの、オルタネータ軸回転数に対する発電電流の実測データーを入手したので以下に掲載します。


リビルトメーカーによる 実測・電流−回転数 特性グラフ

リビルトメーカーによる 実測・電流−回転数 特性グラフ

※この回転数は、オルタネータ軸での回転数なのでプーリー径は関係ありません。
この二種のリビルドオルタネータの個体実測値を見る限り、ME201745はME201837と比べると、全体的に発電量が少ない。
プーリー径もそうですが、オルタネータ本体自体も初期型の途中で仕様が変更、スペックが向上しているのではないでしょうか?。


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP