− デリカ太郎日誌 −

スペースギア 中国製ラジエーターコンデンスタンク MI039IAC (純正品番MB924891) 感想

▶ in メンテナンス posted 2021.12.03 Friday / 07:25

この記事は、製品を薦めるものでも貶すものでもありません。
一つの参考事例となれば幸いです。

【追記】問題発生

タンクが膨らんでいる

いつからなのかわかりませんが、取り付け後3ヶ月後、タンクが膨らんでいることに気付いた、
新品時と比べあきらかに膨らんでいる。
ネット情報では、材料表記はPA-GF30 ポリアミド ガラス30%入りらしいけど、材質違いで膨張に対して強度がないのかも知れない。

多少膨らむ程度なら良いけど、出先で一気に裂け漏れたらたら最悪だな・・
予備(純正)を車に積んでいるとは言え、インタークーラーを外して、2個のバッテリーを下ろさないと交換出来ないのがネック。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)
スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)


5年前に交換したラジエーターのコンデンスタンク 三菱自動車純正「MB924891」が、おなじみの劣化で茶色く くすみ、液面確認がやりづらくなってきた。

液面上限の少し上にある接合部に5mm程の亀裂も出来ておりました。(この亀裂が出来る部分は奥側なので普段見えない部分)
亀裂の部分は通常の水面より上なので、冷却水漏れで至急交換しなければいけないという状況では無いのですが、「厳密には」おそらく圧力は逃げていると思います。

約5年前に純正品へ交換した時、材質が劣化対策されているかも?と僅かな期待を持っていたのですが、どうやら相変わらずのようです。

という事でスペースギア乗りにはメジャーな定期交換部品?ラジエータータンク(コンデンスタンク)を交換すべくネットで純正部品「MB924891」の価格を調べると、1万円超えていた。
昔は6,400円(税別)でしたが、管理費などもかかるのでしょう、メンンテナンスパーツは総じて値上がりしてます。
旧車の維持はお金がかかります(--;)

  (MB92)ラジエターリザーブタンク 品番MB924891販売価格(税込) ¥11,990(モノタロウ)

同部品番号でネット検索すると、以下の楽天ショップのサイトが出て来ます。

結構昔から amazon、ヤフオクなどにも出品されている株式会社オートウェアーのMI039IACという型番 中国製のもの。

 三菱純正交換 デリカ スペースギア PA PB PC PD PE PF系ラジエーターエクスパンションリザーバータンク 純正品番MB924891(楽天ショップ)
商品番号:mi039iac
価格:6,930円 (税込)
適合車種:三菱 デリカ 1994/5〜2007/1
互換純正品番:MB924891
発売元:株式会社オートウェアー

中国製

“3年で亀裂が入った。”
“穴位置がずれてて加工しないと取りつけ出来ない。”
 等々・・ ネット検索すると出てきますが、

どんなものか自分の目で確かめたい というのもあり、冒険、この製品を先日購入しましたので、製品の感想、取り付けレポートなど書きます。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)リザーブタンク

ヤフオクで、楽天ショップと同じ「株式会社オートウェアー」より落札しました。
(同じ製品かどうかわかりませんが、現在ヤフオクには中国本土から直送するものも出品されているようですが、納期がかかる、不良品に対する対応、個人情報漏洩などが気になります。価格も送料込みだとさほど変わらないようです。)

製品状況、取り付け感想などをまとめると・・

  • 外観、タンク内構造は純正と同じに見える。
  • 成型時の諸条件での不具合なのか?取り付け穴位置が結構ずれている。
    (当方は3ヶ所、すべての穴を現物合わせで広げる加工を行なった)
  • 本体がホディーに密着しておらず、おさまりが悪い印象、どこかが当たって浮いている感じがした。3ヶ所の取り付けを無理に締め付けると、亀裂など不具合を誘発しそうなので、締め付けは相応にした。脱落することは無いだろう。
  • 成型後のバリ取り忘れ?がある。
    (バリ取り加工を行った。)
  • ラジエーターキャップが規定圧力を保持出来ているのか不安。
    (ラジエターキャップは国産品(500円程)に交換・タンクパッキン勘合部面を軽くペーパーがけした。)
    30分程走行後、しばらくしてキャップを緩めるとプシューと圧が抜けるので効いてはいるようだ。


先々起こりうる不具合を想定するとしたら
 亀裂などによる冷却水漏れ
 圧力漏れによるオーバーヒートでしょうか。

もともと当方のスペースギアはそれほど水温は上がりませんが・・夏場の渋滞など水温が上がりそうなシーンで水温を注視していれば、致命的な故障にはならないとは思いますが、しばらくは取り外した純正タンクと水(ウォッシャー液かねて常載)は何かあった時の為に積んでおくことにした。
耐久性は・・年月経たないとわからない。

詳細・写真など紹介

取りつけ穴を現物あわせで広げる加工が必要

3つある取り付け穴の位置が結構ずれており、加工無しでは取り付け出来ない。
取りつけ穴、三カ所すべてを12mm程の刃を付けた電動ドリルで、本体取り付け位置にあうように現物あわせで「ざぐり」広げてる必用あり。入り組んだところにあるので手間取る。
取り付け部は肉厚があるので、電気ドリルなどが必要。手作業で広げるのは無理があると思います。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)リザーブタンク 純正品番MB924891
3ヶ所の取り付け穴を現物合わせで加工する必要あり(写真は加工前)


成型後のバリ取りがされていないところがある

他の部分はともかく、ホース勘合部のバリは冷却水漏れを誘発する可能性もありそうなので、カッターで切りとり、サンドペーパーで滑らかになるまで仕上げた。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)リザーブタンク 純正品番MB924891
成型時のバリがそのまま


これも成型時の不具合でしょうかね。 
スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)リザーブタンク 純正品番MB924891




細かい事ですが、ラジエーターキャップのステッカー 水がかかると染み出していた。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)


ステンレス製ラジエーターキャップの曲げ加工裏には茶色いオイルらしきものが付着したまま、洗浄されていないか洗浄不足。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)


試しに、タンクに水を満たし、逆さにするとキャップの隙間から水が流れ出てる。
純正のタンク+国内製造ラジエーターキャップでは、たまにポツポツしたたる程度であった。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)


タンクのキャップ部勘合部の樹脂精度によるものなのか、キャプ自体の圧力弁の性能なのか、はたまた この実験方法が圧力弁の評価方法として正しいものなのかはわからないので参考程度に。

ラジエーターキャップの勘合がスムーズに行かないのも気になる。バリとか精度の問題なのかな? 純正のように一発で取りつかず、何度か試して勘合する感じです。
まあ、滅多に触る部分ではないので妥協出来る範疇ですけどね。

スペースギア 中国製コンデンスタンク(MI039IAC)


"安心" "ポン付け"出来るものをの望むのであれば、もちろん純正をお薦めします。

コンデンスタンクの交換作業については
 kazuhikoさんの作成ページを参照してください。

インタークーラーを取り外し、フレームを外して避けて、バッテリーを外して、頭の入る(ネジを目視出来る)空間を作ります。結構手間な作業になります。
脱着時、ボルトやナットを落とさないよう注意してください。
取りつけ時は、ソケットにボルト/ナットをテープで仮止めしておくと良いです。

もうすぐ車検なので、冷却水も(全交換5年10万キロ)のものに全交換した。

ヤフオクの中古品も見てみたのですが、送料含めるとかなり高値。
何年使用したものなのか、劣化の程度もわからない中古に手を出すくらいなら、中国製もありかなぁーと思ったのですが、凶と出るか吉と出るか年月立たないとわからない。

今後、何か気付いた事があれば追記します。



デリカスペースギアとは関係ありませんが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

〜 デリカスペースギアブログ(デリカ太郎日誌) | スペースギア 中国製ラジエーターコンデンスタンク MI039IAC (純正品番MB924891) 感想 〜
 

- | -



デリカスペースギアページへ戻る



PAGE TOP