ウインカー・ブレーキ・テールランプを若干スモーク化

▶ in オプション・DIYなど posted 2022.06.26 Sunday / 07:59

久々DIY話題
ウインカーとブレーキ・テールランプを若干スモーク化しました。

今時、スモーク化なんて流行らんのだろうけど「自己満足」。


フロント部

リア部


フロントウインカー部

フロントウインカー部

リアウインカー部

リアウインカー部

単にランプカバーをスモーク塗装やスモークフィルムで覆っただけでは、各部のランプは暗くなるので、安全面よりランプ自体をスモーク(透過度合)に見合った明るさにする必要がある。

純正のハロゲンランプを明いものと交換するのが簡単ですが、電力は増すし、加えて発熱量も増すので安全面から考え、低消費電力(省エネ)で純正ハロゲンランプより明るいLEDランプにすることとし、いろいろ検討した結果です。

改造ヶ所

フロント

ウインカー(LED 改造 二連装で高輝度化)

コーナリングランプ・ポジション(車幅灯)

(高輝度LED化)
※本体配線を改造してポジションランプ点灯でコーナリングランプ部のLEDも常時点灯するようにしたので、暗い道などで斜め横が明るくなった。
前から直視しても眩しくはないし、実装してこれまで数カ月間 対応車のパッシング等は一度もないので 問題無いでしょう。

リアウインカー

(LED 改造 二連装で高輝度化)
ブレーキ&テールランプ(純正球より明るいハロゲンランプへ交換)
バックアップランプ(LED)+追加バックアップランプ追加

ウインカーLED化に伴いハイフラ防止の為、純正のリレーをLED(小電流)対応のリレーへ交換。
リレーの位置は、音を聞けばどこにあるか分かるはず。私の車は運転席左太もも付近であった。

ネットで通販している多くのウインカー用LED電球は、ほぼ「ハイフラ防止」と称した電力消費の為だけの抵抗が内部に仕込んであります。
ハイフラは、電球が切れた際にリレー(=ウインカー)の点滅サイクルが早くなり、球が切れていることをドライバーに知らせる機能のことで、電球に流れ出る電流が減った事をリレー自体が感知して点滅間隔を短くします。
電球からLEDに交換することにより電流が桁違いに低くなる為、リレーは球切れと判断し点滅を早めてしまうのです。
これを防止する為、電球と同等の電流を流す「だまし」の抵抗を内臓したものがハイフラ対応と称したLEDなのです。
電球と同等の電力を無駄に消費させており、電球内部に仕込むのでかなり発熱します。

今の車のウインカーリレーは電子制御基板内に組み込まれていたり、半導体化?してたりしてリレー単体では交換出来ないようなので、こういったハイフラ防止のLEDがスタンダード化して出回っているのだろうと思いますが、スペースギアは、昔の車、当然オーソドックスなウインカーリレー装着なので、このウインカーリレーをLED用のものに交換すれば、ハイフラ対策されていない、LEDでも使えます。
ハイフラ対策なしLED+LED用リレーに交換が一番合理的、地球にやさしいです。

こういったリレーなどは複雑なものではないので、廃車迄故障はしないとは思いますが、万が一の為、純正品は車に積んでおいた方が無難です。

ウインカー用のLEDはLED二連想改造

ウインカー用のLEDは、無駄な電力を消費しないハイフラ防止抵抗なしのLEDを2連装して使用することにしました。

二連装の改造前提でLEDを探した。
ソケット金属部とLED部基板部が、ハンダ付で3カ所の接続してあるものがあったので購入した。

改造方法は以下、ランプソケットとLED部を連結しているハンダ部(3点)の除去がうまく出来れば作業は簡単です。

ハンダの除去には専用の水鉄砲のようなハンダ吸引機(ソルダープルト)があると良いのですが、高価ですし、網線状のソルダーウイックでも根気よくやれば除去出来るのでは?と思います。
薄く残ったハンダ部はカッターで切れ目を入れて切り離します。
今回注文したLEDは10個入りなので2個余るので失敗してもなんとかなります。(^^)

2つのLEDを連結するマイナス部の単芯の銅線(2本)は、テレビのアンテナ線(同軸ケーブル)の芯線を剥いて代用。

ウインカー二連装改造

仕上げに絶縁に注意しながら銀色に塗装した。
ちょっと不格好ですが中に入ってしまえば見えない

ウインカー二連装改造


スペースギアの場合、ウインカーランプ部の奥行には余裕があるので二連結しても余裕、大丈夫です。

純正のハロゲンランプは直射日光下では視認性がいま一つですが、ニ連結した事によりだいぶ良くなった印象。
ハロゲンランプと違いLEDはパッとついてパッと消えるのでウインカー部は特にLEDの反応の良さを実感。(気にして見ればそうかな?という程度の違いですが・・)

ブレーキ テール&ストップは数割電力量アップのハロゲンに

ブレーキ&テールランプもポジション&コーナリングランプと同規格なので試しに交換してみたのですが、
LED自体が白色なので、レンズを通した色合いが真っ赤ではなく若干オレンジっぽい色合いになることが分かり、見た目も良くないし"赤であること"が決まっているので、法令的にもグレーな感じです。

ハロゲンと同じ色合いのこの型式のLEDは無さそうなのでLED化は断念。

スペースギアの場合、ブレーキランプをLED化すると内部抵抗の関係でECUがエラー表示(ABSエラーランプを点燈させる)などの問題がある事もわかっているので、若干明るい規格のハロゲンランプを使用することにした。

小糸製作所などに純正ハロゲンランプより数割電力量の大きな(明るい)仕様のハロゲンランプがあるので取り寄せた。
この程度の電力増、発熱増は問題ないと思われます。

今回使用したパーツ



純正ランプの仕様は以下のサイト参照
スペースギアランプ(小糸製作所サイト内)


続きを読む>>

- | -

【お知らせ】デリカBBS・画像BBSなど一連の掲示板の不具合

▶ in その他 posted 2022.06.05 Sunday / 23:33

5/19頃より デリカBBS・画像BBS・D:5BBSなど
一連の掲示板が以下のようなエラー表示となります。

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator at info@****.jp to inform them of the time this error occurred, and the actions you performed just before this error.

More information about this error may be available in the server error log.

掲示板ログは貴重な皆さんの資産ですので、必ずなんらかの形で復活させますので、お待ちください。

【2022/5/29追記】

デリカBBS(2002年2月〜2005年7月)
 
デリカBBS(2005年7月〜2022年5月)

上記については、過去ログが見られるように改善しました。
デリカD:5BBSについても見られるようにしました。

以下は自身の忘備録みたいなメモ

5月中旬に行われたレンタルサーバーのモロモロのバージョンアップでPerlのバージョンが変ったり、ライブラリの仕様が変ったりしたようで、BBSに使用していた数種の古いCGIスクリプトが表示出来なくなった。

いかんせん古いスクリプトですので致し方ないのですが・・

デリカBBSについては
文字コードを Shift-jis 混在から全て UTF-8N(ボム無し)へ、改行コードをすべてLFに変更

jcode.plを jacode.plに置き換え さらに オリジナルに近いCGIに戻し、なんとか過去ログは見られる状態になりました。

一部文字化け(黒いひし形にはてなマークが出る文字(�)はUTF-8変換時のときに変換後の対象がない置き換え文字)

画面幅がPC前提で広くスマホから見辛いなど、改良したいところもありますが、スペースギアのユーザーも少なくなり、BBS利用者も殆んどいなくなったなど現実を鑑み、現状のままとすることにしました。

今回の改変に伴い、2022年5月をもってデリカD:5BBSも含め、過去ログ閲覧専用(新規発言受け付け終了)としました。

以下のページでは、2001年から2022年までの(BBS PART1+PART2)全ログよりワード検索できます。
 デリカBBSワード検索

デリカD5BBSの方も、過去ログを検索出来る検索窓を設けました。

【2022/6/5追記】
画像BBSもメンテ上 貴重な資産なので閲覧出来るようにしました。
こちらも検索窓を設ける予定ですが、Googleの検索を利用しているので、使えるようになるのは1月程かかるかも知れません。
 


- | -

最近ネットで話題になっていたトヨタ車の「30万キロ問題」スペースギアも同様

▶ in その他 posted 2022.01.10 Monday / 16:56

前回話題と関連した話題を一つ

今日、こんな話題がネット上に流れていた。

車検に通らないことも! 最近話題のトヨタ車の「30万キロ問題」とは

https://www.webcartop.jp/2022/01/829299/
トヨタ車のいくつかに、オドメーターの数字が299,999kmで止まってしまうものがある。
該当するのは15年ぐらい前のモデルが多いようだ。
オドメーターが止まっていると車検に通らないこともある。
引用おわり


ネット検索すると「ヴィッツ」「初代カローラスパシオ」などもそのようです。


「ヴィッツ」「初代カローラスパシオ」などの車種で、299,999kmも走る方は稀だと思いますが・・・

スペースギアとなると、そうでもありません。
過去に、スペースギアの話題を扱う当「デリカBBS」でも同じような話題がありました。
その時は、オドメーターが399,999Kmでストップしてしまうといった話題でした。
「月」までの距離超えてますね。凄い!

399,999Kmでストップしてしまったオドメーター
399,999Kmでストップしてしまったオドメーター

40万キロを超えても問題ないオドメーター
40万キロを超えても問題ないオドメーター


40万キロを超えた画像も報告されているので、全ての年式の車ではないようです。

MITSUBISHI 1994-5 新型車解説書より
MITSUBISHI 1994-5 新型車解説書より
MITSUBISHI 1994-5 新型車解説書より


上記を見ると、スペースギアの場合、最初の頃は 199,999キロまでだったようです。
今のスペースギアの前に乗っていた初期型(平成7年4月登録)のスペースギアは20万キロになっても大丈夫でしたので、それ以前の生産モデルなのでしょう。

日産の昔のある車種でも199,999キロまでで→0キロにリセットされる車種もあったようで、ネットで見かけました。
こういったスピードメーター類は車のメーカー違えど、意外と同じ計測器専門の部品メーカー( スペースギアの場合 Nippon Seiki Co., Ltd.)が作っているケースが多いのかもしれませんね。

スペースギアの場合、生産した時代(マイコンの違い? 記録する EEROMの違い?)により 199,999Kmまでのもの 399,999Kmまででストップするのもの 999,999Kmを超えたら0Kmになるものへと進化していったのかも知れません。

ちなみに先日交換したメーターに使われていたEEPROMは 93C46でした。
93c46

93C46のスペック自体は100万回の書き換え保証です。マイコンの処理(書き込みの繰り返し)の方法でスペック上、何キロまで書き換えできるかは?です。

ヤフオクを見ると、滅多に壊れないであろうコンビネーションメーターパネルの中古品が定期的に結構な高値で売れてるようなのですが、オドメーターがストップしたが為に車検に通らないので交換している可能性もあります。(単なる想像です。)
でもなぁー 中古購入して 199,999Kmでストップしたら悲しい。199,999Kmでストップするものがあるとするならば、初期型は避けるか、逆にオドメーターが20万キロを超えた中古品を購入した方が安心かも知れない。
 


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP