− デリカ太郎日誌 −

グロープラグを二度も交換 

▶ in メンテナンス posted 2014.12.15 Monday / 22:19

グロープラグとは・・

ディーゼルエンジンのグロープラグは、エンジンが冷えた状態の際、暖め着火を促す為に各シリンダーに装着された、電熱部品です。

デリカスペースギアディーゼルエンジン(4M40)のグロープラグ制御の概要

デリカスペースギアは、キーONで、グロープラグに電圧を加え加熱開始します。(プリグロー)
インパネ内にあるグロープラグが余熱中である事を示す「余熱中ランプ」が点灯、数秒で消え、エンジン始動可となります。
余熱中ランプが消えた後も一定時間(5秒程?)グローは加熱されており、エンジンをかけないと、エンジンをかける意思は無しと判断し、電圧(加熱)を切ります。
一方、エンジンをかけると、エンジンが冷えている状態から、エンジンが温まり十分な着火が確保出来るまで時間(3分間)、電圧を加え続け加熱、その後、切ります。
時間以外にもエンジンの温度センサーも併用、制御しておりますが、冷温時からのエンジン始動では、温度が規定温度まで上がるよりは先に3分の時間制御の方で加熱は切れるようです。
一方、エンジンが十分温まった状態では、短時間でオフとなります。
スペースギアのグロープラグの制御は、上記のような、時間、および検出温度により、単純な電圧オンオフの制御を行っているようです。

グロープラグ不良の症状

グロープラグが正常な場合、冷温時のエンジン始動時、余熱ランプが消えた後、セルモーターを回すとエンジンは「♪グォン」でかかりますが、
グロープラグが不良(完全に切れたり、抵抗が増え、発熱温度が下ったりする)になるとエンジンは「♪キュルキュルグォン」という感じでセルモーターが数秒回転してエンジンがかかるようになります。また、始動時、不完全燃焼で、マフラーから煙が出ることもあります。 
気温の比較的高い時(経験上15℃以上位でしょうか)や、エンジンが温まっている際には、グロープラグが不良でも始動出来ますので、グロープラグ不良に気付くようになるのは、15℃を下回るような、秋〜冬にかけてからが主です。

グロープラグ交換は4本全取替えが基本

グロープラグは4本中1本が不良になっても、あまり変化が無く、気付かず、グロープラグ不良を疑うようになる頃には、すでに複数不良になっている場合が多いと思われます。
4本中、正常なものも劣化が進んでいる状態と思いますので、グロープラグを取り替える際には、4本全取替えが基本です。

グロープラグ良否の簡易判定

グロープラグの良否は、グロープラグを連結するグロープレートを外し、4本のグロープラグそれぞれの抵抗値を測るのが目安となります。

スペースギア グロープラグ関連記事写真 01

[グロープラグプレートを外した状態]

完全に切れている(抵抗∞)ものだけではなく、中には微妙に(数オーム程度)抵抗値が増えた状態で発熱不足となっているものもあるので厄介です。

スペースギア グロープラグ関連記事写真 02

抵抗値が疑わしいものは、グロープラグをエンジンより外し、ヒューズを介しバッテリーから電圧を供給、発熱部の状態をチェックすると良いのですが、素人では良否の判断は難しいと思います。

グロープラグは車体の生産時期により二種類が使われている。

前期モデル途中でセラミックグローからメタルグローへ変更
ディーゼル2800ccエンジン(4M4Oエンジン) スペースギア のグロープラグはセラミックグロー/メタルグロー 二種類あります。
1994年8月〜1996年5月に生産された「前期型」スペースギアのグロープラグは「セラミックグロー」が使われ、「前期型」の途中、97モデルから「メタルグロー」が使われております。

スペースギア - セラミックグロープラグとメタルグロープラグ型番

セラミックグロープラグ仕様:1994年5月〜1996年5月 
セラミックグロープラグ型番 ME200970 生産時期により ME201638

メタルグロープラグ仕様:1996年6月〜2004年8月 (車台番号が 02******〜09******)
メタルグロープラグの型番 ME201632 もしくは ME203754
当初、ガイシの部分が黒色のものでしたが、製造途中で赤色(ボッシュ製?)ものへと変更になっており、2014年現在流通しているものはガイシが赤色のものです。
価格は・・・以前は、1本、2,500円位でしたが、現在は6,000円(税込)弱です。

以上が、デリカスペースギア2800ccディーゼルエンジン(4M40エンジン)使用のグロープラグの基本情報でした。






ヤフオクで落札したセラミックグロープラグ(ME201638の代替品とされているHKT製のCP-05)で不具合発生

スペースギア グロープラグ関連記事写真 03
[ヤフオクで入手したME-201634(代替品)HKT製CP-05]

家庭用プリンターでコピーしたような品番ステッカー。

ルートのわからない逆輸入?のHKT製代替品CP-05をヤフオクで入手、使用した結果、改善はみられず、さらに不具合発生。
結果的には、三菱ディーラーで純正メタルグロープラグへ全数取替え、改善。
不具合の故障発生したのが、地元で幸い。良い勉強になりました。

セラミックグロープラグ仕様の車にはセラミックグロープラグ、メタルグロープラグ仕様の車にはメタルグローへ交換が基本とされておりますが、前記したように制御は単純な電圧のオンオフ制御につき、(エンジン始動時の時間さえ、始動時に気を使ってやれば)そのまま使えるのでは?と思いまして、自身のメタルグロープラグ仕様の車に、ヤフオクで落札したセラミックグロープラグ(ME201638の代替品とされているHKT製のCP-05)を使用してみました。
しかし、不良品だったのか?適合不良だったのか?結果的には使えませんでした。

今回使用してみたのは、セラミックグロープラグ(ME-201638)の代替品 HKT製 品番CP-05です。
おそらく海外で流通しているもので、ヤフオクの個人売買で4本20,000円で購入しました。

【11月27日】 16:00 グロープラグ交換
秋〜冬になって、「♪キュルキュルグォン」と・・セルを回す時間が長くなってきましたので、グロープラグの抵抗を測ると、3本が不良のようでした。
上記 、ヤフオクで落札したHKT製 セラミックグロー CP-05 REF.ME-201638に全て取り替えたのですが交換後もエンジンのかかり具合は変化なし、エンジン始動の改善されず「 ♪キュルキュルグォン」。
あきらめ、グロープラグやグロー回路以外の不良なのかな?、と思いつつ、しばらく様子を見ることにしました。

【12月01日】 19:30頃 
5日程、トータル50Km程走行した頃、走行中に突然エンジンルームからシュ・シュ・シュという機関車のような音がエンジンの回転にあわせ・・・鳴り出しました。
おそらく、タイミングチェーンが伸びた音では? と焦り、翌日、三菱ディーラー(宮崎三菱自動車販売)へ持ち込み調べてもらうことに。

【12月02日】 
三菱ディーラーで、調べてもらうと、手前から2番目のグロープラグの黒いガイシ部分が吹き飛び、内部をシリンダー内の圧縮混合気が貫通、圧縮抜けをおこしていたのが原因でした。

スペースギア グロープラグ関連記事写真 04

[ガイシ部が吹き飛び貫通した不良品のグロープラグ]


ディーラーでは、グロープラグが純正品では無い素性のわからないものの為、4本共、純正部品に交換したいと言うことでしたので、三菱純正メタルグロープラグ(ME203754)に再度全交換してもらいました。

純正の、ME203754 へ交換後は、エンジンのかかりは「♪キュルグォン」・・と、前とは違い、明らかに改善、スムーズに始動するようになりました。

以降は、寒い朝でもキーをひねれば「♪キュルグォン!」と始動一発 これまでの「キュルキュルグゥォン!」・・で始動とは明らかに違います。
エンジン始動時にボワン!と出ていた白煙も殆ど目立たなくなったようです。

グロープラグは、デリケートな部品に付き、取り扱い、取り付けも気を使いながら行いましたので、作業ミスは無いと思いますので、ヤフオク出品者へ状況を説明の上、返品、返金してもらいました。
このグロープラグは、不良品、劣化品、もしくは取扱中に衝撃を受け内部に目に見えないようなクラックが入っていた等の不良品だったのだろうと思います。

やはりこういったものは、純正品が安心ですね。

【追記】この記事で書いた、2014年12月にディーラーで交換した三菱純正のメタルグロー(ME203754)グローは、4年程ですべて切れました。寿命なのでしょう。
ME203754は2年位しか持たないというネットの情報もみけかましたが、車を使う頻度にもよるでしょうから、2年寿命説もうなづけます。
ME203754グローをより長持ちさせるなら、(自己責任で)寒季以外は、アフターグロー時間をある程度制限するタイマー回路を割り込ませるしかないのでしょうね。/追記おわり。



当サイト内 グロープラグ関連ページ
 → スペースギアグロープラグ関連

次回の話題は、「燃料噴射ポンプからの燃料漏れ」

ネオクラシックカー? この年式になると、寒くなるといろいろ出てきますね。
次回ブログ話題は、「燃料噴射ポンプからの燃料漏れ」です。



デリカスペースギアとは関係ありませんが・・作者のPR(^^)
Youtube MORIMORI

〜 デリカスペースギアブログ(デリカ太郎日誌) | グロープラグを二度も交換  〜
 

- | -



デリカスペースギアページへ戻る



PAGE TOP