送料込(ほぼ)ワンコイン(500円)で買える 激安デジタルテスター DT-830B

▶ in メンテナンス posted 2022.09.03 Saturday / 08:01

車のメンテで「デジタルテスター」は必需品

このデジタルテスター(正確には MINI DIGITAL MULTIMETER(
ミニ デジタル マルチメ−ター)DT-830B は20年位前に買ったもの。当時1,000円位だったかなぁ?

このモデルは、とにかくコスパ良いので、かなり多くの方が使われているはず。
テスターリードのバナナプラグ部などが何度か断線したりはしましたが、今まで長年使って来た愛用品。

デジタルテスター DT-830B(旧)
セグメントが欠けた愛用品


半年ほど前に液晶のセグメントが一カ所欠けましたが、測定に特に支障ないのでそのまま使っております。
(液晶部を抑えると点燈するのでおそらく液晶部を接続している導電性ゴムかなにかの接触不良であろう。)

テスターは、普段、車載の工具箱に入れていて、最近、家で使う事が何度かあったので、もう一台欲しくなり、楽天ショップでコスト優先で探しました。

同モデルと思しきデジタルテスターが送料込 ほぼワンコインだったので即、注文しました。

デジタルテスター DT-830B 最安値はワンコイン?

先月、楽天ショップ(Pay Off Store)で購入した際は、504円(送料無料)ほぼワンコイン でしたが、今、確認したところ、597円(送料無料)となっておりました。

楽天ショップ(Pay Off Store)

現在、楽天ショップ内を検索すると、下記の「CES STORE」が500円で最安値でした。

楽天ショップ(CES STORE)

但し、レヴューを見ると複数の方が「電池が付いていない」と書かれておりますので電池は別途用意す必要がありそうです。

アマゾンでは580円、こちらも電池は別のようです。
amazon

当方が購入したもの(2台)は電池が入っており、すぐに使えましたが、たまたま付いていたのかなぁ? 
こういうのは予告なしに変更がありますので何とも言えない。

現行モデルは電池交換用の蓋が無い

DT-830Bの古いモデルは裏に電池交換用の蓋があり、工具なしで電池交換は簡単に行えましたが、現行モデルはコストダウンでしょうか、電池用の蓋はなくなり裏蓋一体ものとなっております。

デジタルテスター DT-830B 電池交換


2ヶ所精密ドライバーでプラスネジをはずし、裏蓋を開封する必要があり手間です。電池代(006P=最安値は100円ショップ?)を考えると、結果的には最安値とは言えませんね。

尚、余程頻繁に使用しない限り、普通の使用では電池交換は5年に一回あるか無いか程度でしょうかね?
コストダウンの手法としては「アリ」なのだろうと思います。

基板を見ると、過電流保護のガラス管ヒューズが無くなっているのが気になるところ。 代用のものが付いているのかな?
3つの端子部の作りが少し不安ですが、裏蓋側に抑えがあるので大丈夫かな?

昔のテスターのリード棒・線は、端子部で断線しても簡単にハンダで修復できましたが、今のモデルはモールド化されているのでそっくり交換するしかないかも知れない。
まともなテスター棒は意外と高値、このテスターより高いと思います。

今回購入した デジタルテスター DT-830B

デジタルテスター DT-830B


デジタルテスター DT-830B スペック(箱の写真)


続きを読む>>

100円以下で入手「グリルガードエクステンション」(MZ555116)を加工取付

▶ in オプション・DIYなど posted 2022.07.20 Wednesday / 23:40

〜四半世紀の時を隔て御開帳〜


下記は、先日ヤフオクで100円以下(送料:宮崎県は1,397円でした)で入手したもの。
前期型デリカスペースギア(4WD)用のオプションとして発売されていた「グリルガードエクステンション」(MZ555116)新品です。

前期型 スペースギア グリルガードエクステンション


EGRボディーガード(バグガード)をボンネットに装着していると干渉するので、そのままでは同時装着は出来ません。

当方は、干渉する部分を切断、穴埋め加工、さらに光り物はあまり好みではないので艶消し黒塗装を施しました。

前期型 スペースギア グリルガードエクステンションを加工


グリルガードエクステンション」は当時、定価43,000円もした品物です。
高価だったからか、価格の割りに見た目はあまり変わらなかったからか、このOP.装着した車は殆んど見かけませんでした。
アウトレット・長期在庫品の処分とは言え、100円以下(送料別)で入手出来ようとは・・。

ヤフオクで「三菱純正OP PD8W PD4W デリカスペースギア グリルガード」で検索してみてください。

商品説明 より引用
■商品名:グリルガード
■定価(税抜):43000円
■車種:デリカ スペースギア 前期
■型式:PD8W , PD4W
■付属品:画像の物がすべてとなります。
足りないパーツに関しては別途ご用意をお願いします。

■特記事項:適合に関してはメーカーにご確認の上、ご購入をお願いします。
流用に関してはそのまま取り付けできるとは限りません。
加工や部品交換が必要になる場合がございます。
※車種に関しては参考程度でお願いします。

梱包箱にダメージがございます。
保管中にできた、キズ・汚れなどがございます。

■品番:MZ534549


おそらく現在楽天ショップでも販売されているこの品(現在価格6,316円)と同一と思います。

加工を前提に入手

絶滅危惧種?前期型スペースギアにお乗りの方は国内ではかなり少ないのでしょうね。
あと、前期型の多くの方が付けているであろう定番のEGRのボディーガード(バグガード)がボンネット前部にあると、ポン付装着出来ないのもネックなのだろうと思います。

100円以下なので加工に失敗してもイイやと、干渉する部分の切断加工を前提に入手しました。

ヤフオクの商品説明での製品品番は「MZ534549」でしたが、説明書に書かれていた品番は「MZ555116」でした。
四半世紀の時を隔てて御開帳? 未開封品、付属品の取りつけワッシャー一個が錆が若干出てた程度で、他は劣化等も皆無・問題なし。

材質はFRPであろうと思っていたところ、肉厚あるABS樹脂?で、ずっしり重い。メッキ厚もあり、品質もかなり良いです。


続きを読む>>

ウインカー・ブレーキ・テールランプを若干スモーク化

▶ in オプション・DIYなど posted 2022.06.26 Sunday / 07:59

久々DIY話題
ウインカーとブレーキ・テールランプを若干スモーク化しました。

今時、スモーク化なんて流行らんのだろうけど「自己満足」。


フロント部

リア部


フロントウインカー部

フロントウインカー部

リアウインカー部

リアウインカー部

単にランプカバーをスモーク塗装やスモークフィルムで覆っただけでは、各部のランプは暗くなるので、安全面よりランプ自体をスモーク(透過度合)に見合った明るさにする必要がある。

純正のハロゲンランプを明いものと交換するのが簡単ですが、電力は増すし、加えて発熱量も増すので安全面から考え、低消費電力(省エネ)で純正ハロゲンランプより明るいLEDランプにすることとし、いろいろ検討した結果です。

改造ヶ所

フロント

ウインカー(LED 改造 二連装で高輝度化)

コーナリングランプ・ポジション(車幅灯)

(高輝度LED化)
※本体配線を改造してポジションランプ点灯でコーナリングランプ部のLEDも常時点灯するようにしたので、暗い道などで斜め横が明るくなった。
前から直視しても眩しくはないし、実装してこれまで数カ月間 対応車のパッシング等は一度もないので 問題無いでしょう。

リアウインカー

(LED 改造 二連装で高輝度化)
ブレーキ&テールランプ(純正球より明るいハロゲンランプへ交換)
バックアップランプ(LED)+追加バックアップランプ追加

ウインカーLED化に伴いハイフラ防止の為、純正のリレーをLED(小電流)対応のリレーへ交換。
リレーの位置は、音を聞けばどこにあるか分かるはず。私の車は運転席左太もも付近であった。

ネットで通販している多くのウインカー用LED電球は、ほぼ「ハイフラ防止」と称した電力消費の為だけの抵抗が内部に仕込んであります。
ハイフラは、電球が切れた際にリレー(=ウインカー)の点滅サイクルが早くなり、球が切れていることをドライバーに知らせる機能のことで、電球に流れ出る電流が減った事をリレー自体が感知して点滅間隔を短くします。
電球からLEDに交換することにより電流が桁違いに低くなる為、リレーは球切れと判断し点滅を早めてしまうのです。
これを防止する為、電球と同等の電流を流す「だまし」の抵抗を内臓したものがハイフラ対応と称したLEDなのです。
電球と同等の電力を無駄に消費させており、電球内部に仕込むのでかなり発熱します。

今の車のウインカーリレーは電子制御基板内に組み込まれていたり、半導体化?してたりしてリレー単体では交換出来ないようなので、こういったハイフラ防止のLEDがスタンダード化して出回っているのだろうと思いますが、スペースギアは、昔の車、当然オーソドックスなウインカーリレー装着なので、このウインカーリレーをLED用のものに交換すれば、ハイフラ対策されていない、LEDでも使えます。
ハイフラ対策なしLED+LED用リレーに交換が一番合理的、地球にやさしいです。

こういったリレーなどは複雑なものではないので、LEDランプ含め廃車迄故障はしないとは思いますが、万が一の為、一応純正品は車に積んでおいた方が安心・無難です。

ウインカー用のLEDはLED二連想改造

ウインカー用のLEDは、無駄な電力を消費しないハイフラ防止抵抗なしのLEDを2連装して使用することにしました。

二連装の改造前提で改造しやすそうなLEDを探した。
ソケット金属部とLED部基板部が、ハンダ付で3カ所の接続してあるものがあったので購入した。

アンバー色といっても黄色〜橙(オレンジ)と幅がある。
これはなんとかウインカーに使えそうな感じのアンバー色であった。

改造方法は以下、ランプソケットとLED部を連結しているハンダ部(3点)の除去がうまく出来れば作業は簡単です。

ハンダの除去には専用の水鉄砲のようなハンダ吸引機(ソルダープルト)があると良いのですが、高価ですし、網線状のソルダーウイックでも根気よくやれば除去出来るのでは?と思います。
薄く残ったハンダ部はカッターで切れ目を入れて切り離します。
今回注文したLEDは10個入りなので2個余るので失敗してもなんとかなります。(^^)

2つのLEDを連結するマイナス部の単芯の銅線(2本)は、テレビのアンテナ線(同軸ケーブル)の芯線を剥いて代用。

ウインカー二連装改造

仕上げに絶縁に注意しながら銀色に塗装した。
ちょっと不格好ですが中に入ってしまえば見えない

ウインカー二連装改造


スペースギアの場合、ウインカーランプ部の奥行には余裕があるので二連結しても余裕、大丈夫です。

純正のハロゲンランプは直射日光下では視認性がいま一つですが、ニ連結した事によりだいぶ良くなった印象。
ハロゲンランプと違いLEDはパッとついてパッと消えるのでウインカー部は特にLEDの反応の良さを実感。(気にして見ればそうかな?という程度の違いですが・・)

ブレーキ テール&ストップは数割電力量アップのハロゲンに

ブレーキ&テールランプもポジション&コーナリングランプと同規格なので試しに交換してみたのですが、
LED自体が白色なので、レンズを通した色合いが真っ赤ではなく若干オレンジっぽい色合いになることが分かり、見た目も良くないし"赤であること"が決まっているので、法令的にもグレーな感じです。

ハロゲンと同じ色合いのこの型式のLEDは無さそうなのでLED化は断念。

スペースギアの場合、ブレーキランプをLED化すると内部抵抗の関係でECUがエラー表示(ABSエラーランプを点燈させる)などの問題がある事もわかっているので、若干明るい規格のハロゲンランプを使用することにした。

小糸製作所などに純正ハロゲンランプより数割電力量の大きな(明るい)仕様のハロゲンランプがあるので取り寄せた。
この程度の電力増、発熱増は問題ないと思われます。

今回使用したパーツ



純正ランプの仕様は以下のサイト参照
スペースギアランプ(小糸製作所サイト内)


続きを読む>>


デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP