ビルシュタインショックアブソーバー B46-2109 不具合 下部固定部裂け壊れる

▶ in トラブル posted 2019.01.26 Saturday / 07:57

数か月前から、路面の凹凸で下回りがコトコトいう感じの感覚があったので、経験上、スタビリンクかなぁ?と思い、とりあえずスタビリンクを交換してみました。

一時的にスタビを開放(外して)試走チェックすればよいのですが、そろそろスタビリンクも寿命かなな・・外したり付けたりの手間暇考えると予防メンテ交換した方が得策かと思い、交換したのですが・・。

外したスタビリンクを手に取って動かしてみても、ブーツ破れとかガタとかは無く、特に問題なさそう。

試走した結果、案の定、状態は改善されず、足回りを再度目視するも原因らしきものは見つけきれなかった。
もちろんこの時、一番考えられるショックアブソーバーの取り付け部なども目視チェックしたが特に異常は見られなかった。

その後のある日、30Km程走った際、急に、路面の凹凸にあわせガタガタいうようになった。
いままでは、振動がかすかに伝わる感じであったが、今回はあきらかに窓を開けると左側前付近から音が聞こえて来る、まるでホイールのネジが緩んでガタついているような感覚の音。

下回りをチェックできそうな駐車場を見つけ停車、チェックした。
まずはホイールナットのゆるみは無いかチェック、十字レンチで手締めしてみると若干増す締め出来たが、これが要因ではなさそう。

なめらかな路面では全く音はしないので、タイヤとか回転系ではなく、スタビかショック・トーションバー関係と思い、出先で目視チェックするもおかしいところは見当たらない。

その時は、チェック後、駐車場を出るといつの間にか音も収まり、帰宅した。

数日後、あらためて足回りを確認してみると、なんとビルシュタインショックの下側のループ固定部(ブッシュの入っているところ)が剥離したように裂けていた。

ビルシュタインショックアブソーバー 不具合ヶ所
ビルシュタインショックアブソーバー不具合ヶ所


前回この部分は、一番考えられると思い(過去に他の方で、同様に外れた方がいたので)、重点目視していたので見逃すことは無い、その頃既に亀裂は入っていて、その後の走行(伸び)で状態が進行悪化したのだろうと思います。

異音はこれが原因。

ショックアブソーバー下側が完全に外れて伸びると、付近のステアリングラックトなどに干渉して最悪走行中に操舵不能に陥る可能性も十分ありうるので、このまま走るのは危険と判断、交換のショックアブソーバー(次回は2-3インチアップ対応品 プロコンプES-9000にした)は注文したが、応急処置として、ショックアブソーバーを取り外すことにした。

ショックアブソーバーの取り付けボルト・ナットなどは、難なく外せたが、抜くのに難儀した、バールとか使い、縮めようとしたが、ビルシュタイン特有の強烈な伸びで、抜けるまでの長さに締めることが出来なかった。
限界まで縮めたところで針金で縛り、邪魔になるショック上部のステム部
(ボルト形状)をディスクグラインダーで切断して外した。
スタビリンク両側を外して、スタビライザーを回転させて逃げれば外せたかも知れませんが、意外と手間だし、ショックは廃棄予定なので切断した方が早いかと・・
 


続きを読む>>

- | -

ブレーキキャリパーから抜けなくなったピストン、556(ルーセン)漬け抜けた

▶ in トラブル posted 2017.02.06 Monday / 23:14

昨年、12月、修理工場でキャリパーからピストンが抜けず、リアキャリパーそっくり交換となったキャリーパーですが・・・ 

その時書いた記事 
 リアキャリパーピストン固着 ピストン抜けず片側リアキャリパーAssy交換

不良品キャリパーを持ち帰り、ルーセン(クレ556)をピストン周辺が浸る位にたっぷり吹き付け、2ヶ月放置・・

(一週間後は抜けなかった。その後忘れてた(笑)

2ヵ月後、プライヤーでぴっぱるとあっさり抜けました。

brake_caliper 1


続きを読む>>

- | -

ラジエーター交換、部品35,000円、工賃18,000円高い出費に

▶ in トラブル posted 2017.01.09 Monday / 16:52

レッカーのお世話に

昨年の暮れ、26日の出来事・・。
出先で、駐車場に戻ると、車の下に直径50cm程の水の落ちた広がりが・・・
良く見ると、ポタポタ水が滴り落ちている・・。
落ちている水を手で触るとヌメヌメしているし、嗅ぐとLLCの臭い。。

恐る恐るボンネットを開けてみると、インタークーラー上などに冷却水が飛び散った痕跡があり、アッパータンクのカシメ接合部から漏れているようでした。

ラジエーター 不具合ヶ所

水を補充の上、エンジンをかけてみると、圧力が加わり、アッパータンクのカシメ部分から泡と水がブクブク噴出を始めた。
この状況で自走は不可能と判断。

そろそろかなと予想はしていたが・・

前に乗っていた、スペギ1号?でもラジエーターアッパータンク部の太いパイプ部で割れが発生、コスト重視でインドネシア製の安い互換ラジエーターに自分で交換した。
(ちなみに当時はインドネシア製のものが、35,000円位、今はその半値位です。)
スペースギアのラジエーターの交換はそれほど難しくないので、自宅で発覚したならネットでラジエーターを取り寄せ、自分で交換したのですが・・出先ではどうにもならない。

経年的に劣化が進んでいるだろうし、そろそろ来るなーと、時々漏れやクーラント臭はしないか、ボンネットを開けてマメにチェックしていたつもりでしたが・・前触れのない、突然の出来事でした。

不幸中の幸い

発覚したのがそれほど水温が上がってなかったことと、場所が、自宅から10キロも離れてない、広い屋外駐車場ってことで救われました。

知らずに乗ってたら白煙モクモクになるところでした。
思えば、つい先日、携帯の電波も届かないところに夜神楽見にいったりしたんですよね。あそこへ向かう道中や帰路で故障しなくて良かったと・・。

加齢車に冬ははつらい季節?

前のスペギの時、ラジエーターのアッパー部が割れたのも冬(12月)でした、一昨年、噴射ポンプの燃料モレも年末、年明けにディーラーへ 『年末は鬼門』かも?
故障発生の前日は薄手のシャツで過ごせるような、異常に温い一日でした。老体スペギ、この時期、温度の変化とかで劣化部分にストレスがかかるのでしょうね。

修理はレッカー車で自動車整備工場へ

ラジエーターの交換は私でも出来る位だから、三菱ディーラーでなくとも良いと思い、いつも修理でお世話になっている自動車整備工場へ依頼することとし、入庫したい旨TEL連絡をとった。

保険特約のロードアシストを使いレッカーで工場へ移動。
当方はタクシー帰宅(24時間以内の交通費は保険適用)。

翌日、工場より連絡あり、年末で、部品の手配等考えると、修理完了は年明け6日とのことであったた。

ラジエーター部品代・工賃(技術料)+LLCで、61,560円也

ラジエーターは、純正パーツは高価なので、パーツメーカーの互換品(35,000円)にしてもらいましたが、工賃(技術料)含めると結構な出費となった。

 ラジエーター 35,000円(メーカー不明・KOYO製?)
 ラジエーター交換工賃(技術料)18,000円
 LLC補充 4,000円
 合計 61,560円(税込)

部品代にも利益乗せているでしょうし、作業工数にしては技術料も若干高く感じます。企業ですし利益得ないといけないし、しかたないですね。

ラジエーター交換修理明細(デリカスペースギア)

DIYだと部品代(国産(KOYO製)ラジエーター25,000円程度)で済む

需要と供給、市場原理か・・、現在、スペースギアのラジエーターはずいぶん安くなっております。
今なら、自分で交換すれば、信頼おける日本のメーカー(KOYO製)ラジエーター(18ヶ月保証付)でも、送料込25,000円程度で入手出来ますので、壊れる前に、予防交換しなくては、と思っていたのですが・・



※ヤフオクの方が安いと思います。

やっとけばよかったと、後悔(いつもこのパターンだなぁ(--;)

あとは、オルタネータとクランクシャフトプーリーが心配

走行距離的に、ダイナモ(オルタネーター)も心配になってきたので、予防でリビルド品を早速入手しました。入手済みのベルト含め近々交換予定です。

オルタネーター リビルド品
入手したリビルドオルタネーター(22,000円位だったかと)、昔に比べるとリビルトオルタネーターもだいぶ安くなってきてます。

あと、前車の故障経験からすると、壊れそうなパーツとしては、クランクシャフトプーリーでしょうか・・。
こちらはプーリーが偏心した動きをしていないか時々チェックしていれば故障は予知できるかなーっと楽観視。
 


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP