一人でヘビーデューティールーフラック装着

▶ in オプション・DIYなど posted 2015.02.12 Thursday / 07:26

ルーフラック

昨年、廃車にしたスペースギアから取り外しておいたルーフラックをようやく先日取り付けました。

ルーフラックは、4×4エンジニアリング製の160cm長のヘビーデューティールーフラックでして、アルミ製、軽量化されているとは言え、サイズがサイスだけに結構な重量でして、前回、無理な体勢で車から下したところ、腰を痛めた経緯あり・・(--;)

そんなこんなで、その後、しばらくルーフラックは実家の車庫の端に放置状態だったのすが、立てかけているとは言え、地上に置かれたルーフラックは結構目立ちます、邪魔っぽい。

荷物を積むことは殆ど無いのですが、気軽にラダーから上れるヘビーデューティールーフラックは高い位置からの写真撮影でとても重宝します。

腰の調子もよくなったので、先日、今の車に移植(装着)することにしました。

おろすときには、ルーフサイドタープを固定する為に付けたままだった結構重い鉄製のキャリアバー(2本)や、フットもそのままでしたが、今回は、片側のフック(3個)も外し、なるだけ軽量化した上で作業を行いました。

ルーフラック

ルーフの上に、たまたま捨てる予定だったカーペット敷いて窓ガラスにテープ固定、120cm程の三脚から「よっこらしょ」とルーフを持ち上げ、カーペットの上をずらすように斜めに上げた結果、ルーフラックは思いのほか超簡単にルーフに上がりました。

写真は上げた後に、手前側のフットをレインモールに入れる為、片側は下に巻いた状態となっております。
逆側のフットを取り付け、完成。


続きを読む>>

- | -

HIDランプ(バルブ)の片側が赤っぽい色に

▶ in メンテナンス posted 2015.02.05 Thursday / 00:04

昨日夜、帰宅、前の壁に照らされた光が赤っぽい。

あれ? なんだぁ???

HIDバルブ(バーナー)が赤っぽい色に

車を下りて前からライトをチェックすると右側が妙に赤っぽい。
色温度2000Kって感じでしょうか?

HIDバルブ(バーナー)の劣化不良のようです。
インターネット検索すると、HIDバーナーは、赤っぽくなってそれから切れる場合もあるようで似たような経験をされた方がいらっしゃいました。

また、「教えて!goo」には、こんな記載がありました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1620139.html
上記より、関連部分を一部引用させていただきます。
“雑誌「AUTOCAR JAPAN」の2005年5月号に「電球が切れる理由」という記事がありました。
(この記事は、「クルマはなぜ壊れる?」という連載記事の第10回です。)

それによると、
・HIDにはフィラメントはないので、当然その消耗も断線も起きない。
・しかし、HIDランプ内部の気体が少しずつ抜けるため、光量が落ちてゆく。
ざっと2000時間で70%に光量が落ちて、そこが実用上の限界だろう。
・寿命が近づいてくると、一般に、ただ暗くなるのではなく赤くなる。
これは、元々HIDは様々な色の光を出す物質を組み合わせて白い光を出しているのだが、そのうち赤系の光を出す物質が残りやすいため。
・なお、HIDの色が元々青系に振られているのは、特に技術的な背景はなく、要は流行りだろうとのこと。

自動車ライトの大手メーカー、スタンレー電気の開発管理担当者に取材して書いているとのことなので、かなり信憑性が高いと思います。” /引用終わり

全部が全部、赤くなるかは、わかりませんが、ハロゲンランプのように、いきなり切れるよりは、交換時期の目安ができるので、こういった壊れたかはありがたいです。
あと、人間の目は、時間をかけ徐々に暗くなっていっても、かなかわりませんので、たまに他の車と明るさを比較したりして、明らかに暗くなってきたら換え時なのかも知れませんね。

HIDのコネクター昨年廃車にしたスペースギアのHID(BELLOF製)は、廃車にするまで15年近く?切れていなかったで、HIDバルブは半永久かなぁと思ってたのですが、寿命があることを認識しました。
廃車する前に、普通のハロゲンと交換、HIDランプ類は外して保管しておいたので、不良になった片側のバルブだけを取り替えることにしました。

H4ランプからの高圧ラインの中継コネクターは、形状が全く違いましたので、(自己責任で)途中で電線を切断、ハンダ付け、熱収縮チューブを重ねて保護、さらにブチルゴムテープで防水しました。
高電圧なので、いつもより何重にも巻き、慎重に作業を行いました。

一応、無事無事点灯、復活しました。


続きを読む>>

- | -

HIDランプ(バルブ)の片側が赤っぽい色に

▶ in メンテナンス posted 2015.02.05 Thursday / 00:04

昨日夜、帰宅、前の壁に照らされた光が赤っぽい。

あれ? なんだぁ???

HIDバルブ(バーナー)が赤っぽい色に

車を下りて前からライトをチェックすると右側が妙に赤っぽい。
色温度2000Kって感じでしょうか?

HIDバルブ(バーナー)の劣化不良のようです。
インターネット検索すると、HIDバーナーは、赤っぽくなってそれから切れる場合もあるようで似たような経験をされた方がいらっしゃいました。

また、「教えて!goo」には、こんな記載がありました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1620139.html
上記より、関連部分を一部引用させていただきます。
“雑誌「AUTOCAR JAPAN」の2005年5月号に「電球が切れる理由」という記事がありました。
(この記事は、「クルマはなぜ壊れる?」という連載記事の第10回です。)

それによると、
・HIDにはフィラメントはないので、当然その消耗も断線も起きない。
・しかし、HIDランプ内部の気体が少しずつ抜けるため、光量が落ちてゆく。
ざっと2000時間で70%に光量が落ちて、そこが実用上の限界だろう。
・寿命が近づいてくると、一般に、ただ暗くなるのではなく赤くなる。
これは、元々HIDは様々な色の光を出す物質を組み合わせて白い光を出しているのだが、そのうち赤系の光を出す物質が残りやすいため。
・なお、HIDの色が元々青系に振られているのは、特に技術的な背景はなく、要は流行りだろうとのこと。

自動車ライトの大手メーカー、スタンレー電気の開発管理担当者に取材して書いているとのことなので、かなり信憑性が高いと思います。” /引用終わり

全部が全部、赤くなるかは、わかりませんが、ハロゲンランプのように、いきなり切れるよりは、交換時期の目安ができるので、こういった壊れたかはありがたいです。
あと、人間の目は、時間をかけ徐々に暗くなっていっても、かなかわりませんので、たまに他の車と明るさを比較したりして、明らかに暗くなってきたら換え時なのかも知れませんね。

HIDのコネクター昨年廃車にしたスペースギアのHID(BELLOF製)は、廃車にするまで15年近く?切れていなかったで、HIDバルブは半永久かなぁと思ってたのですが、寿命があることを認識しました。
廃車する前に、普通のハロゲンと交換、HIDランプ類は外して保管しておいたので、不良になった片側のバルブだけを取り替えることにしました。

H4ランプからの高圧ラインの中継コネクターは、形状が全く違いましたので、(自己責任で)途中で電線を切断、ハンダ付け、熱収縮チューブを重ねて保護、さらにブチルゴムテープで防水しました。
高電圧なので、いつもより何重にも巻き、慎重に作業を行いました。

一応、無事無事点灯、復活しました。


続きを読む>>

- | -



デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP