道路特定財源暫定税率・自動車取得税と重量税

▶ in ニュースなど posted 2008.03.28 Friday / 09:23

陸の孤島宮崎県


私の住む宮崎市から隣の県の大分市まで行こうとしたとき、車で行くより宮崎空港から大阪空港経由で大分空港へ入った方が早いようです。

宮崎空港から宮崎県では有名な観光地高千穂に行くのに車で3時間半程度かかります。
感覚的には都心から神奈川を通り越して静岡の愛知に近い浜名湖辺りに行く感じでしょうか?
宮崎の東側は高速道路建設も思うように進んでおらず、また山間部はこれが国道?というような“酷道”も多く不便を強いられているのが現状です。

燃料が安くなるのは大いに結構なのですが、私達のような道路が完全に整備されてない地域もあるという事、まだまだこれから整備してゆかなければならない地域があるという事をどうかご理解頂きますようお願いいたします。

前置きが長くなりましたが、そうです今回は道路特定財源、暫定税率廃止のお話、その中でも自動車取得税と重量税についてのお話です。

暫定税率廃止に伴う自動車取得税と重量税の事


<自動車取得税>3月31日に自動車取得税は暫定税率期限切れとなりそうです。
自動車取得税については
 暫定税率 取得金額の5%
 本則税率 取得金額の3%

つまり2% 下がる?と考えて良いのだろうか?
3月登録と4月登録では300万円の車だと6万円の差が出ます。
グリーン税制の30万円駆除は無くなるという噂もネットで見かけましたがそれでもその分15,000円減っても45,000円の差?

今月登録予定の方は4月に登録延期を延ばしてよ〜とディーラーと交渉する方も多かったのではないでしょうか?

自動車重量税

自動車重量税に関しては4月末が期限切れだそうですがこちらはおそらくないかな・・1月あるし。

与野党協議が合意できず、租税特別措置法改正案の衆院での再可決をしなければ、5月1日から重量税の暫定税率も失効する。

重量税の暫定税率導入が5月からになっているのは、年度末(3月末)は自動車の売り上げが多く、4月から税金を上げると駆け込み購入も加わって、電算化が進んでいなかった車検場の事務処理が追いつかなくなる恐れがあった為、分散させる目的で5月にずらした経緯があるそうだ。

現在の重量税額は、暫定税率の上乗せで2.5倍となっている。
価格にすると暫定税率廃止だと。
0.5tあたり 6,300円/一年 → 2,500円/一年になります。

デリカD51.5t〜2.0tだと 2t÷0.5t=4となり
 
4×6,300×3年車検=75,600円
4×2,500×3年車検=30,000円(暫定税率廃止後)

45,600円の差です。

取得税をと合わせると9万円程度違いますね。

スペースギア(2t〜2.5t)の2年車検で考えると・・

5×6300×2年車検=63,000円
5×2500×2年車検=25,000円(暫定税率廃止後)

 38,000円もの差額が・・・。

車検有効年数 2年の場合
車両重量  暫定税率 本則   差額(円)
0.5トン  12600  5000  7600
1.0トン  25200 10000 15200
1.5トン  37800 15000 22800
2.0トン  50400 20000 30400
2.5トン  63000 25000 38000
3.0トン  75600 30000 45600


続きを読む>>

期待の?2200ccHDiエンジン

▶ in ニュースなど posted 2007.02.28 Wednesday / 20:48

ジュネーブモーターショーでアウトランダーOEM車 新型SUVを公開

3月6日からスイスで開催されるジュネーブモーターショーにて シトロエンは 三菱アウトランダーのOEM車 である新型SUVCクロッサー、同じくプジョーは4007の名で発売を発表するらしい。

エンジンは2.2リッター直4ターボディーゼル2.2リッターHDi FAP(出力約115Kw/4000rpm、トルク約380Nm/2000rpmで)(なじみ深い単位系ですと出力は156馬力、トルクは39Kgm程度でしょうか)を発生とか。
欧州での発売は昨年末の噂どおり2007年夏らしいです。

スペースギアで、ガソリンV6-3000とディーゼル(2800・IC付TURBO-4M40)乗り比べましたが、車の重量がありますので馬力こそガソリンエンジンに劣りますが街乗りはやはり低速回転域で太いトルクを出すディーゼルエンジンの方が乗りやすいです。
(スペースギア ガソリンV6-3000ccの最大トルク27.0kgm/4500rpm、 2800ccIC付きターボディーゼルのトルク30.0kgm/2000rpm)
高速道路ではエンジン回転も高回転となりますのでV6-3000の方がエンジン音も格段に静かですし、スピードの乗りも速いのですが・・

今のディーゼルエンジンは環境面にも優れ音の問題とかもかなり抑えてあるようです。シトロエンプジョーと三菱自動車は先日提携をプレス発表しましたし、是非このエンジンを積極的に三菱の車向けにTUNE、乗せる方向で検討して欲しいですよね。
環境面、馬力とトルクと燃費、このあたりを日本向けにTUNEして。

それにしても思わず目を疑ったくらい大きいトルクのエンジンです。
わずか2200ccで40Km弱のトルクを搾り出して来るその技術は凄いと思います。

ただ、日本のD燃料が新エンジンに対応して環境面が基準内におさまるかが検討課題なのでしょうか・・。

NIKKEI NET 車(02/26付)より一部引用
プジョー・ジャポン、ジュネーブモーターショーの出展概要を発表
http://car.nikkei.co.jp/release/index.cfm?i=153902
プジョー、第77回ジュネーブ国際モーターショー出展概要 
 ジュネーブモーターショーが初のお披露目となる「4007」により、プジョーは大きなドライビングプレジャーを味わえる新たな世界に進出する。その新世界とは他でもないオールテレイン4x4のことである。この新型車種「4007」は、三菱自動車との提携によって生み出され、強さとスポーティさを表現した流麗なフロントというプジョーらしいスタイルを固持しつつ、プジョーの高い要求を満たすドライビングダイナミクスをも実現している。また、高性能かつ環境に配慮した新型エンジン、2.2リッターHDi FAP(出力115kW/約156bhp、トルク約380Nm)が搭載されており、日常の冒険と運転する楽しさを結び付けてくれるモデルである。
パリダカのあとの報告会で三菱自動車の益子修社長も「近い将来、ディーゼルエンジンでダカール・ラリーに挑戦したい」とコメントをされておりましたし、水面下では日本車に導入する検討が始まっているのかも知れませんね。

日本ではホンダ、日産、トヨタ(ディーゼルハイブリット)等ディーゼル投入を予定しており、「産業構造総合研究所」の予測ではディーゼル車の市場は2008〜2009年ころから立ち上がり、2010年の販売台数は30万台を超えると予測。


続きを読む>>

期待の?2200ccHDiエンジン

▶ in ニュースなど posted 2007.02.28 Wednesday / 20:48

ジュネーブモーターショーでアウトランダーOEM車 新型SUVを公開

3月6日からスイスで開催されるジュネーブモーターショーにて シトロエンは 三菱アウトランダーのOEM車 である新型SUVCクロッサー、同じくプジョーは4007の名で発売を発表するらしい。

エンジンは2.2リッター直4ターボディーゼル2.2リッターHDi FAP(出力約115Kw/4000rpm、トルク約380Nm/2000rpmで)(なじみ深い単位系ですと出力は156馬力、トルクは39Kgm程度でしょうか)を発生とか。
欧州での発売は昨年末の噂どおり2007年夏らしいです。

スペースギアで、ガソリンV6-3000とディーゼル(2800・IC付TURBO-4M40)乗り比べましたが、車の重量がありますので馬力こそガソリンエンジンに劣りますが街乗りはやはり低速回転域で太いトルクを出すディーゼルエンジンの方が乗りやすいです。
(スペースギア ガソリンV6-3000ccの最大トルク27.0kgm/4500rpm、 2800ccIC付きターボディーゼルのトルク30.0kgm/2000rpm)
高速道路ではエンジン回転も高回転となりますのでV6-3000の方がエンジン音も格段に静かですし、スピードの乗りも速いのですが・・

今のディーゼルエンジンは環境面にも優れ音の問題とかもかなり抑えてあるようです。シトロエンプジョーと三菱自動車は先日提携をプレス発表しましたし、是非このエンジンを積極的に三菱の車向けにTUNE、乗せる方向で検討して欲しいですよね。
環境面、馬力とトルクと燃費、このあたりを日本向けにTUNEして。

それにしても思わず目を疑ったくらい大きいトルクのエンジンです。
わずか2200ccで40Km弱のトルクを搾り出して来るその技術は凄いと思います。

ただ、日本のD燃料が新エンジンに対応して環境面が基準内におさまるかが検討課題なのでしょうか・・。

NIKKEI NET 車(02/26付)より一部引用
プジョー・ジャポン、ジュネーブモーターショーの出展概要を発表
http://car.nikkei.co.jp/release/index.cfm?i=153902
プジョー、第77回ジュネーブ国際モーターショー出展概要 
 ジュネーブモーターショーが初のお披露目となる「4007」により、プジョーは大きなドライビングプレジャーを味わえる新たな世界に進出する。その新世界とは他でもないオールテレイン4x4のことである。この新型車種「4007」は、三菱自動車との提携によって生み出され、強さとスポーティさを表現した流麗なフロントというプジョーらしいスタイルを固持しつつ、プジョーの高い要求を満たすドライビングダイナミクスをも実現している。また、高性能かつ環境に配慮した新型エンジン、2.2リッターHDi FAP(出力115kW/約156bhp、トルク約380Nm)が搭載されており、日常の冒険と運転する楽しさを結び付けてくれるモデルである。
パリダカのあとの報告会で三菱自動車の益子修社長も「近い将来、ディーゼルエンジンでダカール・ラリーに挑戦したい」とコメントをされておりましたし、水面下では日本車に導入する検討が始まっているのかも知れませんね。

日本ではホンダ、日産、トヨタ(ディーゼルハイブリット)等ディーゼル投入を予定しており、「産業構造総合研究所」の予測ではディーゼル車の市場は2008〜2009年ころから立ち上がり、2010年の販売台数は30万台を超えると予測。


続きを読む>>


デリカスペースギアページへ戻る

PAGE TOP